緑の森の神話 (心にのこる文学)

  • 213人登録
  • 3.92評価
    • (37)
    • (16)
    • (41)
    • (2)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 折原みと
  • ポプラ社 (1996年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591051399

緑の森の神話 (心にのこる文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • はじめて読んだのが小学校3年生の時でした。それ以来、大好きな童話です。

    主人公の、小額5年生の樹は、テレビの画面に浮かび上がった、『誰かわたしの声を聞いて』という言葉に導かれ、緑の国という世界を守るために、緑の国を脅かす敵と、勇者として戦うことになります。

    緑の国の女王である少女のサラや、緑の国の民たちと共に戦ううちに、彼らを大切に思うようになる樹。けれど、緑の国には、残酷な真実が隠されていたのです…。

    住む世界の違う少年と少女の出会いと、そこから生まれる想い、痛み、そして、命の尊さを、やさしく、まっすぐに語りかけてきてくれる、素敵な物語です。

  • 小学校の頃に読んだのをまだ覚えてる。忘れていたタイトルを思わぬきっかけで知ることができたので。

  • 小学校の図書館の中にあったこの本の題名、背表紙に惹かれて読んだのをよく覚えています。
    不思議な世界に、主人公と一緒に入り込んでいくようなお話。

  • 中学生のころ、カラフルと同じくらい何度も繰り返し読んだ、心に残る物語です。
    最後に主人公が、あの女の子と思しき美しい花に出会うシーンは、朧げながら忘れられず、記憶に残っています。
    みずみずしい文章で描かれた、自然系ファンタジーです。

  • 環境問題や家族愛などメッセージがたくさん詰まった冒険ファンタジー。とても感動的でした。

  • 小学校の時読みました。
    図書室の最奥にあってあまり人が読んだ形跡がありませんでした。確か内容は環境を大切にと励奨する内容だったと。

    昔のことなのであまり覚えていません...

  • 小学生のとき読んでから、今だにタイトルがするっと出てくる名作。

  • 小学校の頃に初めてこの本に触れた衝撃は忘れられません。
    何度も何度も読み返している本です。

  • 何度も借りて読んだ本。忘れられなくて引っ越した先の本屋でも探した。

  • いったい、何回借りたか、覚えてないほど読み込んだ一冊。

    読書感想文の指定図書でもありましたが、指定図書にはほとんど心を動かされなかった私の心を唯一、揺り動かした指定図書として、記憶と図書カードに何度も名前が残っています。笑

    折原みとって、児童書かいてたんだな、と後から知りました。

全30件中 1 - 10件を表示

折原みとの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
森 絵都
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

緑の森の神話 (心にのこる文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

緑の森の神話 (心にのこる文学)の作品紹介

きこえますか?緑の声。愛、友情、生命の尊さを描く、珠玉の冒険ファンタジー。『誰かわたしの声を聞いて』夏休みのある日、突然テレビの画面にうかんだ不思議なメッセージ。その声に応えた小学五年生の樹は、"緑の王国"と呼ばれる世界を救うために、勇者として戦うことに。女王サラや緑の民たちとの出会い、冒険の日々のなかで、樹が知った真実とは…。

ツイートする