殺人区域 (青春と文学)

  • 16人登録
  • 3.13評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 那須正幹
制作 : 竹嶋 浩二 
  • ポプラ社 (1999年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591060377

殺人区域 (青春と文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「人食い屋敷の恐怖」を改題

  • う~~ん

    那須さんのホラー小説

    山荘で起こる連続殺人
    過去にもあった大量殺人・・

    つまらない><

  • 設定は黄金の「嵐の山荘」です。

    なんていうか、けっこう怖かった。

    じわじわ、ですね。

    人の心の闇も、次々に人が死ぬさまもびびりました。

  • 大学時代に読んだ本。

    ラストは、当時のわたしを恐怖に陥れたものだった。児童文学としては、挑戦的な本だと思う。

  • 小学生の時にはまった!怖いけどなんか切なくていいお話でした^^読みやすい!久しぶりにまた読みたい

全5件中 1 - 5件を表示

那須正幹の作品

殺人区域 (青春と文学)はこんな本です

ツイートする