なきむしおにごっこ (おはなしバスケット)

  • 33人登録
  • 3.08評価
    • (0)
    • (3)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : おのりえん
制作 : 降矢 奈々 
  • ポプラ社 (1999年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (75ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591061794

なきむしおにごっこ (おはなしバスケット)の感想・レビュー・書評

  • 頭に生えた角をどうにかしてもらうため鬼とおにごっこをします。
    そのなかで一気に心が逞しくなるようすに励まされます。

  • とても丁寧な文章だった。泣き顔の絵にぎゅっと心をつかまれた。

  • おのりえんって何読んでも肩透かしくわされる感じ。
    これも泣いてる時だけ見える小鬼(って発想は面白いと思うけど)との交流がもっと描かれるかと思ったが、尻切れトンボな感じ。
    この感じが好きって人もいるだろうけど、「えっ、これで終わり?」って思う人も多いんじゃない?教科書に載ってる推薦図書としてはイマイチな感じ。
    降矢ななの絵は美しいが。

  •  みんなが休み時間や放課後にも、運動会のたけのぼりリレー(たけまで走って登っておりてリレーする)の練習をしている。たけのぼりなんてちっともおもしろくない!ゆうすけは、誰にも見られずに泣ける場所を探して、川沿いの土手まで来た。涙がいっぱいたまった目に見えたのは、ねむの木にいた角のあるこおに。ゆうすけは、こおにとおにごっこをすることに…。

  • ゆうすけは自転車を飛ばしていた。泣き顔を見られるのが嫌だったから。涙いっぱい目で、鬼が見えた。涙がメガネのような役割をして、鬼を見せてくれているのだ。細長い尻尾のある鬼は、ゆうすけが見えている事を喜んだ。
    鬼が見えたら、鬼ごっこのはじまりだ!オニはゆうすけ、鬼はにげる役。ちゃんと鬼をつかまえないと、ゆうすけが本物の鬼になってしまう。ほら、頭に角が・・・!


    悲しい事があっても、下を向かずに、上を見てどかんと泣けよ!鬼ごっこがはじまるぞ!

  • こおにと山んじいの人と同じ作者だった。
    降矢奈々さんの絵がすごぉく可愛い!

    泣いて涙がたまった目で見られる小鬼と鬼ごっこする話

全7件中 1 - 7件を表示

なきむしおにごっこ (おはなしバスケット)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なきむしおにごっこ (おはなしバスケット)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする