君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集)

  • 111人登録
  • 4.15評価
    • (16)
    • (14)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 吉野源三郎
  • ポプラ社 (2000年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591065327

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
湊 かなえ
三浦 しをん
冲方 丁
朝井 リョウ
西 加奈子
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集)の感想・レビュー・書評

  • 梨木香歩さんの「僕は、そして僕らはどう生きるか」を読んでいたら出会った本。吉野源三郎さんの「君たちはどう生きるか」、読み終わったころに答えは出ていた。
    80年前に出版されたとは思えないほどの新鮮さを味わった。

  • 実際にありそうな話しで勉強になった。

  •  いろいろ考えてたころに読みたかったと考えたが、今読めただけでも身に変えることができると思い直した。
     悩み考えるかつての自分を忘れないようにしたい。

  • 戦前に書かれた道徳本らしく、全体に「古い」感じは否めない。でも、道徳は新しければいいというわけでもないか...。

  • 読めば当たり前のことなのだけれど、当たり前のことを子供にどう伝えればいいのか考えると難しい。
    自分に子供が出来たら是非読ませたい本。
    時代が変わっても変わらないものがある。

  • もっと早く読んでおきたかった作品
    本当の意味でのいい人になるため、痛みもあるだろうがそれが本来の健全な姿に戻るための信号だと捉え、強く生きていきたいものだ

  •  書かれたのが日中戦争始まりの頃ということ。統制がきびしくなってゆく中、子供達に大切なことを伝えたいと書かれたお話だそうです。おじさん(母の弟)との交換ノートを通して日常の出来事の中から、気づき、成長するコペル君はこれを読む子供達にも問いかけてきます。 子供は消費専門に見えるけれども大切な大事なものを生み出している。わたくしも忘れてしまいがちな事を、気づかせてくれました。 

  • テレビで池上彰さんが子どもの頃に読んで影響を受けたと言っていたのを見て読んでみました。中学一年生の男の子、コペル君が、友人たちとの交流、そしておじさんとのやりとりを通じて成長していく物語。自分はどういう世界に生きているのか、どういう人間が本当に立派なのかを、少しずつ学んでゆく。1937年、戦前に書かれた本ですが、十分現代でも通じる内容。というか、これから先もずっと、伝えていくべき本だと思う。人類普遍の真実、といったら少し大げさかもしれないけれど、戦前だろうが、戦後だろうが、本当の教養、良識を備えた、尊敬できる人間の辿り着く価値観というのは、時代を越えて共有できるものだと思う。しかし、こういう本を読んで、素直にいい本だ、と思うのは、ひょっとして自分も年を取った、ってことなのかもしれないなぁと思ったり。今の子どもが読んだらどう思うのだろうか。共感するのか、鼻で笑うのか、内容はわからなくとも大切なことが書いてあると思うのか、説教臭くて嫌だと感じるのか、気になるところです。

  • コペル君とおじさんの素朴で深いやりとり。
    児童書の棚にあったけれど、どの年齢の人が読んでもハッとさせられることがあるだろう。

    小難しくもないし、机上の空論になるわけでもない。
    かといって俗っぽくもなく、上品過ぎるでもない。

    ちょうど良いバランスの上で「いい人間」になるためにはどうしていくべきか。
    他人から見られる「いい人間」ではなく、いつも見ている自分から見ての「いい人間」
    誤魔化しも汚さも全て知っている自分に対して後ろめたくない人間になりたい。
    それは人としての望みなのではないか。

  • 平田選。

    「どう生きていこうか」と考えたり、「どう生きていくのが正しいだろうか」と疑ったりするのは、人間である証拠ともいえるのです。
    だとすれば、うちの組織に人間っておるんやろうか?

  • 昔、実家の本棚で見つけた本を、懐かしく思い再び手に取りました。
    確か20代入りたての時に読みましたが、これ児童書なんですよね。
    それにしても戦前に書かれた本だなんて。
    一度読むと心に残る本だと思います。

  • 少年時代に読んで感動した本です。「君たちはどう生きるか」という人生の大命題を身近なテーマから考えさせてくれます。

  • 主人公のコペル君が、仲間とのふれ合いによって、物事の意味を考えるのと同時に、読者も表題の意味を考えさせられます。

全15件中 1 - 15件を表示

君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集)に関連する談話室の質問

君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集)を本棚に「積読」で登録しているひと

君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集)の作品紹介

40年以上、なぜ読み継がれてきたのだろうか。永遠のベストセラーが、今世に真意を問う。

君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集)はこんな本です

君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集)の単行本

君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集)の単行本

君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集)の単行本

ツイートする