おちんちんのえほん (からだとこころのえほん)

  • 56人登録
  • 4.04評価
    • (11)
    • (3)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : さとう まきこ 
  • ポプラ社 (2000年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (37ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591065440

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 牧江
にしまき かやこ
酒井 駒子
かがくい ひろし
有効な右矢印 無効な右矢印

おちんちんのえほん (からだとこころのえほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 赤ちゃんはどこからくるのか、に興味のあるお年頃。
    いったい、なんて伝えれば・・・?そんなときにとってもよい絵本。

    男の子用ですが、女の子でも全然オッケー。
    絵も語り口も優しく、リアルすぎず、恥ずかしくなく、「本当のこと」「大切なこと」を上手に伝えられました。

  • 「おちんちん」について
    何故、男の子と女の子は違うのか。
    何故、人に見せたらいけないのか。
    何のためについているのか。

    性教育の基礎が一通り学べる素敵な絵本です。


    性別の違いの説明からはじまり、
    性犯罪から回避する知恵を与え、
    生命の誕生を優しく説明し、いのちの重さ、
    その大切さを、丁寧な言葉でとても分かり易く、
    可愛い絵と共に、サラッと表現しています。

    羞恥心が芽生える前に、
    性差と命の大切さを感じ取ってもらえる書です。

    就学前のお子さんには、
    是非、読み聞かせをしてあげてください。
    一年生以上なら、子どもに読ませてあげてください。

    男の子ではなく、女の子にもオススメします。
    ラストはちょっと感動ですよ。

  • 2歳の子供と読みました。
    性教育を意識しすぎずに自然なかたちで行いたいと思い、言葉がわかる2歳になってから読み始めました。
    子供の反応は、性について書いてあるからって特にびっくりした様子もなく、へぇという様子。
    その後は週に数回、読んでと本棚から持ってきます。

    性について、性的いたずらをされそうになったとき、出産など…いろんなテーマが書かれていますが、共通しているのは「じぶんのいのちをだいじにすること」。
    男の子向けの題名ですが、女の子にもぜひ読んでほしい。

  • 図書館で借りて読み。

    去年の3月くらいに幅広い年齢のお母さんが集まって、性についてどう教えるか、という座談会に参加してみたことがあった。その時に紹介されていた本。借りようと思いながらなかなか借りてなかった。

    5歳児と一緒に読んだけど、タイミング的(去年赤ちゃんが産まれたので)にちょうどよかったみたい。

    ・プライベート・ゾーンは家族とお風呂に入るとき以外は見せないで大事にすること(最少露出で着替えることを教えたかったので役だった)
    ・プライベート・ゾーンを見せてきたり、触ってきたりする人についていったりしてはいけない。「たすけて!」って大声でいうこと(性犯罪・防犯の意識を教える)
    ・赤ちゃんはお母さんのお腹の中からこうやって産まれてくるんだよ(ソフトな感じで妊娠・出産について教えたかったので良かった)

    結構いい本だと思う。小学校に入っても低学年くらいなら通用する内容。

  • 性教育とか、家族とか、人間の生きる価値とか、そういうお話

  • 2012.3月 初読 市立図書館

    幼児向けの性教育の本。
    とてもわかりやすい。
    子どもにも読みやすい。

    かなり気に入ったけど、購入しにくいみたいで残念。

  • 小学一年生の息子にはぴったりの内容でした。
    息子は、読み終わってから
    「そうだったのかー!」
    と感動と納得をし、私にぎゅーっと抱きついてきました。

  • おちんちんについて。おとこのことおんなのこはどこが違うのかな? からだのしくみから、赤ちゃんができるまで、おちんちんについての疑問をさりげなく、かわいらしい絵とともにかいた絵本。

  • 妊娠したのをきっかけに、子どもに性教育を、と思って、借りてみました。
    おちんちんが大事なところだというところはわかったけど、将来子どもができる話まで書かれていないので、私が目的としているところとは違うな、と思いました。
    子どもが危険な目に合わないように教えることができる本です。
    子どもには読んでないので、「評価しない」で。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    きみはおとこのこかな、おんなのこかな。おとこのこなら、なんでわかるの。おんなのことは、どこがちがうの。きみはどんなふうにうまれてきたの。しりたいとおもったら、このほんをひらいてごらん。

    女の子のことものっているので、ぜひ女の子にも読んで欲しい本です。
    特に、性を知らない頃の子どもが巻き込まれてしまう性犯罪についても語っている為、初めての性教育にお勧めです。

全13件中 1 - 10件を表示

おちんちんのえほん (からだとこころのえほん)を本棚に登録しているひと

おちんちんのえほん (からだとこころのえほん)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おちんちんのえほん (からだとこころのえほん)を本棚に「積読」で登録しているひと

おちんちんのえほん (からだとこころのえほん)はこんな本です

ツイートする