少年たちの夏 (for Boys and Girls)

  • 23人登録
  • 4.18評価
    • (6)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 横山充男
制作 : 村上 豊 
  • ポプラ社 (2000年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591066355

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フローレンス ス...
モーリス・センダ...
ジェイン ヨーレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

少年たちの夏 (for Boys and Girls)の感想・レビュー・書評

  • そうだった。
    夏って、こうだった。
    こうして夏を冒険していた。

    たぶんこの本は、「現代」では取り扱いが難しい。ひと昔前の、まだ世間が色々なものにおおらかな自由を認めていた頃だからこそ輝いた作品だと思う。今だったら、川を自作のいかだで小学生がくだるのは危険行為とみなされるだろうし、貧乏長屋とか、やくざの親分とか、刑務所とか、そういう話題は隠しこそすれ大っぴらにひけらかすものではないと言われるだろう。

    でも、そういう時代、が、きっと、確かに、存在していた。清流・四万十川のほとりではないにせよ、私ですら、そういう記憶はたくさんあって、キラキラと輝きながら私の心の中に生き続けている。

    郷愁を感じさせる描写とともに展開する、前向きなエネルギーに満ち溢れた少年たちの夏の様子に、きっと誰もがつい引き込まれて夢中になってしまうに違いない。気持ちの良い、自分も一緒に冒険をしたかのような読後感を味わえる傑作。

  • 四万十川の景色が目に浮かぶよう。小学生最後の夏、三人の少年たちがそれぞれの思いを胸に秘めながら冒険に挑むところは、読んでて爽快。読後感のよい作品でした。

  • 四万十川で川下りをする3人の少年の話

    64年の初夏

    土佐弁がいいかんじ

    ノスタルジィ

    絵がいい

  • 2001.5.6
    いい話!男の友情だー!なんだか最後がさびしかった。はなればなれになっちゃうから。

  • この町でぼくは生まれ、この町で育ってきた。そしてまもると圭造にあった。ぼくは四万十川とおまえらのことを、けっしてわすれない。1964年の夏は最高に熱かったんだ―。

全5件中 1 - 5件を表示

少年たちの夏 (for Boys and Girls)に関連するまとめ

少年たちの夏 (for Boys and Girls)はこんな本です

ツイートする