種まく子供たち―小児ガンを体験した七人の物語

  • 224人登録
  • 3.66評価
    • (33)
    • (24)
    • (71)
    • (2)
    • (1)
  • 39レビュー
制作 : 佐藤 律子 
  • ポプラ社 (2001年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591068267

種まく子供たち―小児ガンを体験した七人の物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小児がんを利用した貧困ビジネスの一種だと思った。

  • 金八先生にすすめられました。

  • 916

  •  すでにたくさんの方がレビューを書いているので,今さら本の内容について,わたしのいうことはあまりない。
     本書は,小児がんを体験した7名の子どもたちと親たちの物語である。すでになくなった人もいるし,現在,生きている人もいる。
     編者である佐藤さんは,そんな子どもたちは,この人間社会に「大切な種」をまいているのだ…と言いたいのだろう。小児がんという試練は,その種から出た芽を大きく成長させ,子どもたちの周りにいる大人たちの社会に大きな影響を与えずにはいない。
     しかし…と,思う。小児がんにかかっているいないにかかわらず,たぶん,わたしたちの周りの子どもたちも,やっぱり「大切な種」をまいているのではないだろうか。わたしは,それに気づける大人になりたい。

  • 涙が止まらなかった。でも、この涙の訳がわからない。悲しいからか感動したからか。涙の意味を考えたい。

  • 中学生当時、学校司書の先生に勧められて読んだ本

    当時 金八先生でも取り上げられていた作品


    今、こんな風に過ごしている当たり前だと思う日常に深く感謝したくなりました


    当たり前だと思っている何気ない今は奇跡なんだと思います

  • 金八先生の中で出てきた本ね。
    すごい読みやすくて
    体験記形式やからリアルで良かった。

  • 小児ガンを体験した七人の物語。

    いかに健康が大切か考えてしまう。そして、ガンと闘う子供たち、家族の姿が
    せつなく、でも「生死」に向き合う姿は胸に迫ってくる。

    いつか、娘たちにも読ませたいな。 古本屋に売りにだしてしまわずに、
    大事にしまっておきます。

  • 入院中、病院の本棚にあって読んだ本。

    自分の今の人生を精一杯生きようとしてる姿に勇気をもらった。

全39件中 1 - 10件を表示

種まく子供たち―小児ガンを体験した七人の物語はこんな本です

種まく子供たち―小児ガンを体験した七人の物語を本棚に「読みたい」で登録しているひと

種まく子供たち―小児ガンを体験した七人の物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

種まく子供たち―小児ガンを体験した七人の物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

種まく子供たち―小児ガンを体験した七人の物語を本棚に「積読」で登録しているひと

種まく子供たち―小児ガンを体験した七人の物語の作品紹介

「いまは、ガンになった自分が好きです。」いのちの重さとむかいあい、心に種をまいた、七人の記録。

ツイートする