ブンダバー (ポプラの木かげ)

  • 160人登録
  • 3.87評価
    • (23)
    • (16)
    • (18)
    • (5)
    • (1)
  • 24レビュー
制作 : 佐竹 美保 
  • ポプラ社 (2001年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591068304

ブンダバー (ポプラの木かげ)の感想・レビュー・書評

  • 猫が戸棚から出てきたのが面白い

  • 面白い!のは、ブンダバーが出る前まで。ブンダバーが出ると、突然つまらなくなる。何故なんだろう、、、

  • 古道具屋のおしじさんが拾ったタンスから出てきた黒ネコのブンダバーは、人間の言葉を話せるのだった。
    ごきげんに楽しい物語。やんちゃで元気なブンダバーに引っぱられるようにぐんぐんどんどん読めます。
    話せるネコというひみつをどうやって町の人たちに受け入れてもらえるかという展開も真っ直ぐでいいですし、そこから巻き起こる騒動とその結末も微笑ましくて素敵です。そして佐竹美保さんの挿絵がブンダバーの魅力を倍増しています。
    10巻まで出ているシリーズの第1巻。導入部として楽しく面白く、早く続きが読みたくなります。

  • ネコ本強化期間、図書館で借りた。

    シリーズ第1冊目。
    「古道具屋さんのおしじさんがひろったタンスから、ネコのブンダバーがとびだしてきました!」

    古道具屋さん、というところが、ロマンがあっていい。
    タンスを捨てたのは誰なんだろう?
    というか、おしじさんとリンさんの修理のせいで、ブンダバーとタンちゃんがうまれたのかな?
    そんな疑問はさておき、子どもうけしそうなおはなしです。
    おしゃべりネコ・ブンダバーはかわいい。(『ほげちゃん』といい、小さい男のこの話し方は、どうしてこうなんだろう……。)
    おしゃべりするネコなんて、全く魅力的だ。
    それに、町ぐるみで秘密を持つというのも、わくわくする。
    小学校中学年むけ。

  • オレンジ色の屋根がならぶホルムという小さな港町で、古道具屋さんを営むおしじさんと、その奥さんのリンさん。

    ある日おしじさんが、捨てられていた大きなタンスを修理すると、タンスの中からしゃべる黒猫ブンダバーが現れた!
    最初は驚いたものの、人懐っこくてかわいいブンダバーにすっかり心を許したおしじさんとリンさんは、この黒猫と一緒に暮らすことにしました。

    こうして、おしじさんとリンさん、それにブンダバーの生活ははじまったのです。

    ***

    ブンダバーが本当にかわいいので、猫が好きな子にはオススメ。難しい漢字もあまり使われておらず、小学校中学年くらいなら読むことができると思います。

    ストーリーにはそこまでのひねりはないけど、ブンダバーのかわいさと、途中でてくる「モモ」という元気な女の子やその忠犬のドッグンなどのキャラクターたちが引っ張っていってくれる。最初から最後まで、楽しい雰囲気の本でした。

  • シリーズ第1巻。ホルムという小さな港町に、おしじさんと、彼のおくさんのリンさんが開く古道具屋がありました。ガラクタのように見える道具たちをキレイになおしてお店で売っています。リンさんの誕生日プレゼントにするため、おしじさんがすててあったタンスをなおしていると、中から黒猫がとびだしてきて──。
    ことばを話す猫・ブンダバーの活躍を描いた作品。挿絵は佐竹美保さんと知り読了。どの登場人物も魅力的ですが、やっぱり一番は元気いっぱいなブンダバー!また、モモちゃんの作戦がとんとん拍子で成功する過程がとても面白かった。

  • おしゃべりできる猫、ブンダバーとタンスのたんちゃんのお話。

    小学4年の親戚の子に勧められて読んでみました。

    ほのぼのでおもしろかったです。

  • ひどい。
    そこそこ子どもには人気のシリーズだと思うが、読みやすくて可愛ければ、女の子は「面白い」って言うからね。
    読み始めて、その日本語の低俗さに読む気をなくす。これが長い物語だったら、途中放棄は確実のレベル。
    この程度の日本語力しかない人が、活躍できる児童文学の世界って何なの。
    富安陽子や岡田淳を読んで「名文家とはいえないけど、面白い」なんて思ってたけど、こんなのを読むと、もしかして「名文家」なのかも、と思う。
    どこの世界も玉石混合だとは思うけど、これがシリーズでずらーっと置いてあって、ドリトル先生もアーサー・ランサムもない学校図書館って、意味あるの?教育施設を名乗るのはおこがましい。

  • 2013年6月5日

    <WUNDERBAR!>

  • ・ネコなのにしゃべれて、そのネコの友だちもしゃべれます。タンスはしゃべれないけど、人間の足音だけで、人の考えていることがわかるし、ダンスもできる、天才なんです。オススメです。
    ・ねこが話すところがオススメです。
    ・ねこのブンダバーは人の言葉がしゃべれるのでテレビに出たり新聞に出たり大かつやくするのです。ある日ブンダバーの家のお店に、どろぼうが入ってきて、ごうとうをつかまえたのです。ごうとう対ブンダバーはたしてどっちがかつのでしょう。

  • シリーズ名だけは聞いたことあった「ブンダバー」。
    ずっとブン↑ダバーだと思っていたけど表紙の綴りを見たらBじゃなくてWの「wunderbar」。
    ドイツ語の「素晴らしい」、つまりブン↓ダバーだったとは…。


    しゃべる猫のお話。
    テレビ局がやってくるけれど、ブンダバーはマイクの前ではしゃべらず、町にのどかな時間がまた戻ってきた。
    擬音語も多くて思ったより低年齢層向けだった。

    おじいさんとおばあさん、モモや町の人がブンダバーをあっさり受け入れているのも小さい子向けならでは。

  • 私も猫とおしゃべりしたいなー。

  • 古道具屋さんのおしじさんが拾った洋服ダンスから出てきた、喋る黒猫ブンダバー。タンスもタンちゃんと呼ばれてクネクネ動く。
    ブンダバーがとにかく可愛い!
    せっかく喋れるのにおしじさんと奥さんのリンさん以外に話しかけてはいけない、と言われてつまらなそうなブンダバー。
    街の人たちにじんわり溶け込んでいく様が微笑ましい。次は何をしでかすのか、続きが楽しみです。

  • みにぴ 2011.08.27

  • 三年生の時に、初めて読みました。面白くっていっきに、十巻まで読みました。中一の今でも繰り返し、読んでいます。

  • 小学生のときに何回も何回も読みました♪
    しゃべる黒猫ブンタバーがかわいくて
    いまでも大好きなお話です^^

  • 展開がわかりやすく、親しみを持って読めた。小学3・4年生によいかと。ブンダバーというキャラの持つ中性な感じが読書年齢とあっているように思う。また、ここからいろいろなハプニングがおこりそうな予感もある。

  • 佐竹さんの絵がかわいいブンダバー
    はじめて読みました。

    これは小学校低学年からいけるのかな~
    短い(章ごともみじかい)し読みやすいし、
    なによりブンダバーがちょーーかわいい^^

    元気いっぱいの黒猫の男の子!
    かわいいかわいい

    佐竹さんの絵がすごくすてき!

  • シリーズ第一作目のこの本は、
    おしゃべりネコ・ブンダバー&生きているタンスのタンちゃんが、
    古道具屋さんを営む夫婦、おしじさん&リンさんと
    出会うところから始まります。

    古道具屋さん夫婦にかわいがられ、モモという少女と出会い、
    犬が出てきたり、強盗を退治したり、テレビに出演したり!
    ストーリーはスピーディに進みます。

    絵本から読み物へ、ステップアップ!
    読書が苦手な子どもたちに読ませたい、そんな一冊。

  • しゃべるネコが本当にいたらいいのになぁ。
    犬語もわかるし、猫語もわかるし、人間語もわかるからいいな。
    親友が人間なのもネコとして不思議だし、わたしもネコが親友だったらなぁ。

    1から10巻までおもしろい。
    ブンダバーは人間に飼われていて、ある時『アジのてんぷら』を友達のネコにごちそうしたら、
    ホルム(街)中のネコが来て、『アジのてんぷら』を食べたいと言って、ブンダバーのところに来たので、家の庭中ネコだらけになったところが面白かったです。

  • あっという間に読めてしまいました。あんがい身近にいる動物たちも、人間のことがわかっているけど、知らん顔しているのかも。そう思わせてしまうくらい、おもしろかった。

  • 見るからにやんちゃそうな黒猫。
    名前は、ブンダバー!
    なんと、ブンダバーは人間と話ができるネコなのです。
    平和なホルムの町を舞台に、楽しいハプニングがいっぱい☆

    読み聞かせにもOKです。
    本の帯には「5年生向け」とありますが、がんばれば3年生くらいから読めちゃいます。
    10巻まで出ています。

全24件中 1 - 24件を表示

ブンダバー (ポプラの木かげ)に関連する談話室の質問

ブンダバー (ポプラの木かげ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブンダバー (ポプラの木かげ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブンダバー (ポプラの木かげ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブンダバー (ポプラの木かげ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする