崖の国物語〈1〉深森をこえて (ポプラ・ウイング・ブックス)

  • 256人登録
  • 3.40評価
    • (16)
    • (32)
    • (56)
    • (11)
    • (3)
  • 35レビュー
制作 : クリス リデル  Paul Stewart  Chris Riddell  唐沢 則幸 
  • ポプラ社 (2001年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591068960

崖の国物語〈1〉深森をこえて (ポプラ・ウイング・ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 崖の国物語#1

  • 再読。最近飛行船を6回も見たので、またこのシリーズを読みたくなった。ここに出てくるのは「飛空船」で、それで飛行する事を「宙駆け(そらがけ)」と何とも素敵な言い方をする。初めて読んだ時はドタバタファンタジーかと全く期待せずに読んだが、そんな疑いはすぐに吹き飛んだくらいにしっかりした世界観があって、とても楽しかった。イラストが話の邪魔をする事もなく、良い意味で予\想を裏切った出来。ずっと仲間外れの孤独を背負って来た主人公トウィッグが旅に出て、困難にめげそうになりながらも常に前向きに進んで行く姿に感動を覚える。

  • がっつり冒険ものが読みたくなったので。
    一難去ってまた一難をひたすら繰り返して、一体この子どうなっちゃうの?と言う間に読み終わってしまった。
    全ての生き物が独特。
    挿絵に添い、物語に添い、書かれたものとのこと。
    挿絵のおかげで文章で少しずつ想像を巡らす作業がいらず、生々しかった。
    挿絵が文章での補足で臭いまでにおってきそう。

  • 話が今までにないテンポで進んでいって、
    面白かった。
    雲のオオカミの正体は何と無く予想がついた。

  • 面白かった。小学生の時に読んだ時と違った感覚で読めた。大人でも楽しめる本。続きが気になる。

  • ウッドトロル族に育てられた人間の男の子トウィッグ。空賊から逃げるために従兄弟のところへ身を寄せようと旅立つが、神秘的な深森に魅せられ道を外れてしまう。そこからトビムシ退治、ホフリ族との出会い、食肉植物チスイガシ、オオハグレグマとの友情、ヤシャトログのペットになる…などなど様々な死闘、出会いと別れを繰り返しながら彼は進んでいく。

    オオハグレグマが大好きでした。でもあまりにもあっけなさすぎてちょっと呆然…。崖の国の世界観とかゴブリンにもたくさん種類があったりと個性豊かな種族が登場する所がすごく魅力的。今回はそんなに出てこなかったけど、空に浮かぶ神聖都市サンクタフラクスなんかラピュタを思い起こさせてワクワクする。でも、もう少し一つ一つのエピソードをゆっくり読みたかった。あまりにもドタバタしすぎて入り込む前に次の闘いへ…ってな感じだったので。

    とはいえ、もう少し読んで見たいと思わせるところもある。もう少し読んでみよう。

  • 図書館で借りました。

     児童書。ファンタジー。異世界。
     トゥイッグという少年は、道を外れないウッドトロルに育てられていた。
     実の父母と思っていたトロルは、実は養い親。彼は捨て子だったのだった。
     空の海賊に目をつけられた息子を別の村に逃がそうとする母。
     そして、別の村に向かおうとしたトゥイッグは道を外れて危険の多い深森をさまようことになる。
     様々な苦難を越えて、彼は自分の本当の父とめぐりあう。
     空の狼と呼ばれる、空賊の頭。それが父だった。
     ここで一巻は終了。
     トゥイッグはこれから空の海賊になる、っと。

     異形の描写、絵も凄い。なかなか気味悪くていい。
     ページ数は四百近いが、すんなりと読み干せる。
     整合性がとれていて、きちんとした物語だから読みやすい。

  • 世界観は非常に面白い……のに、なぜかあまりはまらなかった。

  • うわあああ
    つまらなかった・・!

    この厚さを心配もし期待もしてたんだけど・・
    絵が好みじゃない、って時点でやめとけばよかったかなー

    自分とはちがう種族に育てられた男の子の
    安住の地を(?)求めてさまよう
    変な生き物オンパレードファンタジー

    途中仲良しになるくまがいい感じだったのに
    あっさり死んじゃうんだもんな・・

    いっちばん最初の、舞台説明(崖の国、薄明の森、なんか飛行石とかで浮いてる都市・・)はとってもドキドキしていい感じ

    気持ち悪い風味の絵は
    かんちがいかもしれないけどスパイダーウィックの人かな?
    あとで確認しようっと

  • 訳者がいいのかな?読みやすい語り口で引き込まれた。主人公がいろんな種族に次々と会いながら、生き延びようとする。挿絵がたくさんあって、動きや表情が生き生きとしていて漫画みたい。キャラクターは愛嬌があって気になる絵。
    シュカ鳥?が好きだ。関西弁のキャラで、とても親しみが持てた。
    とりあえず、続きを読む。

全35件中 1 - 10件を表示

ポール・スチュワートの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョナサン・スト...
ラルフ・イーザウ
ラルフ・イーザウ
コルネーリア フ...
クリス ダレーシ...
有効な右矢印 無効な右矢印

崖の国物語〈1〉深森をこえて (ポプラ・ウイング・ブックス)に関連するまとめ

崖の国物語〈1〉深森をこえて (ポプラ・ウイング・ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

崖の国物語〈1〉深森をこえて (ポプラ・ウイング・ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする