コアラとお花 (ポプラせかいの絵本)

  • 25人登録
  • 3.70評価
    • (2)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Mary Murphy  ひだ みよこ 
  • ポプラ社 (2001年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591069332

コアラとお花 (ポプラせかいの絵本)の感想・レビュー・書評

  • コアラがお花をつんできました。でもすぐしおれてしまいました。コアラはお花をつくりたいと思いました。さぁ、何かを調べたいときはどうする?意外と調べ学習の本でした。

  • あるとき、コアラが丘の上に咲いているきれいな花を見つけて摘んでみる。
    どうやったら花が出来るのか疑問に思ったコアラは物知りなアライグマとアナグマに聞いてみる。
    けれど、2人は実は知ったかぶりなだけで、教えてくれたことは造花を作る方法や花の形のクッキーを作る方法だった。
    そうしているうちに花は枯れてしまった。
    残念に思っているとき、ロバが通り掛かる。
    ロバはちょうど図書館に行くところだと言う。
    図書館は知りたいことがあるときに調べることが出来る場所だと教えてくれる。
    図書館に着いたコアラは知らないことがたくさんある人がこんなにいるのだと驚くと同時にたくさんの本にも驚く。
    そうして、コアラは花の本を借りて、花が種から出来ることを知る。
    借りた本を読みながら、枯れたあの花の種を土に植えて、雑草を取り、虫を除け、晴れの日も雨の日も花の世話をする。
    アライグマとアナグマがバカにする中、とうとう花が咲き、あたり一面に咲き乱れるのだった。

    本で調べることの大切さが分かる。
    知りたいと思う心が大切。

    花だけ実際の花の写真を使っているコラージュ絵本。

  • 図書館がでてくる本

  • わからないことを一生懸命しらべるコアラちゃん。
    おはなってどうやって咲くのかな…
    アライグマとアナグマに聞いたけれどよくわからなくて、
    知り合ったシマウマに教えてもらった図書館で
    いろいろと調べてお花を育てます。
    アライグマやアナグマには笑われちゃったけれど、
    でも一生懸命頑張ったら…

    ほのぼのとかわいいお話で、
    わからないことは図書館に行って調べたらいいんだ~!
    っていうテーマも隠されているような。

全5件中 1 - 5件を表示

コアラとお花 (ポプラせかいの絵本)の作品紹介

「わかった、やっとわかったよ!」そのとき、コアラの世界がかがやきはじめました。知ることのよろこびと学ぶことの楽しさをまっすぐに描いた絵本。

コアラとお花 (ポプラせかいの絵本)のハードカバー

コアラとお花 (ポプラせかいの絵本)のハードカバー

コアラとお花 (ポプラせかいの絵本)のペーパーバック

ツイートする