ユーレイ ラブソングは永遠に (ふーことユーレイシリーズ)

  • 39人登録
  • 3.71評価
    • (8)
    • (2)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 名木田恵子
制作 : かやま ゆみ 
  • ポプラ社 (2001年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591070277

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

ユーレイ ラブソングは永遠に (ふーことユーレイシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 小学校の図書室に途中巻まであった「ふーことユーレイ」シリーズがいつのまにか完結してたと最近知り、近所の図書館で借りて20年ぶりに読んでみた。
    …え、え、えええーーー!こんなに切ない話だったっけー!?と大混乱。古賀くんというイケメンユーレイ新キャラも登場してて自分の中で上位怖いキャラのさかねが何処にも出てこなくなってたり。
    最後には多少悶々としてしまったが、読みごたえのあったシリーズでした。

  • 最後なのにあんまりしっくりこない最後。これは歳の性なのだと思う。

  • 懐かしいなあ。

  • (´;ω;`)
    大好き!読んだ方が良い!!

  • これも、小学生の時に読んだもの。
    悪がきと平行して大好きでした。
    人間の女の子と幽霊の男の子の話。
    甘く見ちゃいけないよ、結構感動したんだから。
    (これも弟に頼んで最近読みました。笑)

  • この作品に出会ったのは小学生の頃で図書館でいつも読んでたのを覚えてます。当時とても大好きな作品で、今でももちろん全く変わってません!これが完結編だということで、早く購入して読みたいです!!

  • 小学生のころに読んでおいてよかった

  • 児童小説 ふーことユーレイシリーズ全14巻

    ユーレイの和夫君を好きになってしまった小学五年生の女の子ふーこの物語です。

    初めてこの本に出会ったのは小学生のときで いっきにハマってしまったラブコメ小説。児童小説だけど大人でも十分楽しめます。
    作者の都合で数年間続きがでなかったんだけど ようやくでた最終巻
    ラストは本当に泣きました。

    本当に出会えてよかったと思える作品のひとつです。

全8件中 1 - 8件を表示

ユーレイ ラブソングは永遠に (ふーことユーレイシリーズ)に関連する談話室の質問

ユーレイ ラブソングは永遠に (ふーことユーレイシリーズ)を本棚に登録しているひと

ユーレイ ラブソングは永遠に (ふーことユーレイシリーズ)はこんな本です

ツイートする