きこちゃんとキコちゃん (おはなしバスケット)

  • 17人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 薫くみこ
制作 : 長野 ヒデ子 
  • ポプラ社 (2002年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591072035

きこちゃんとキコちゃん (おはなしバスケット)の感想・レビュー・書評

  • ちゃんと言ってるつもりなのに言えてないっていうのが、好きなのかもしれない。「へんてこもり」の「はだづばりばく」も好きだったし。
    これも、タヌキがきこちゃんを真似して話す言葉がかわいい。
    それだけで好きになってしまった。
    大人がいないときにわざとお行儀の悪い飲み方をして、嫌いな牛乳が好きになる。
    ピアノが嫌いっていうのも、習い始めの子どもによくあることだけど、ちょっとしたことをきっかけに好きになる。友だちが心から「上手」といってくれて、曲に合わせて踊ってくれるなんて、本当に素晴らしい体験だと思う。
    大人にとって、好き嫌いが減ったり、習い事を喜んでしたりすることは都合がいいことだけど、この本にはそうなる過程に説教臭さがないので、快く受け入れられる。
    お話としても楽しいし、言うことなし。

全1件中 1 - 1件を表示

きこちゃんとキコちゃん (おはなしバスケット)の作品紹介

きこちゃんは、のはらでかわいいおんなのこにであいました。そのこはなぜかきこちゃんのまねばかりするのです…。きこちゃんがぷーっとおこるとおんなのこは…。

きこちゃんとキコちゃん (おはなしバスケット)はこんな本です

ツイートする