空への手紙―雲のむこうにいるあなたへ

  • 60人登録
  • 3.34評価
    • (6)
    • (5)
    • (21)
    • (1)
    • (2)
  • 10レビュー
制作 : 佐藤 律子 
  • ポプラ社 (2002年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591072493

空への手紙―雲のむこうにいるあなたへの感想・レビュー・書評

  • 感謝、謝罪、今の気持ち。本人には伝えられない人達の様々な想いがこの本には詰まっています。手紙を送る人も送られる人も様々な人ばかりですが、相手を想う気持ちはどれも深いです。例え、もう会えなくても、自分の気持ちを伝えることは大切だと思います。心で想っているだけではなく、言葉にすることができれば、その人はきっと、相手への想いを再確認することができるから。相手が例えいなくても、その人のことを想うだけで、自分の心の中に現れてくれるから。

  • 会いたくても
    遠い空へと還ってしまった人たち。
    それぞれの章、家族・子供・友人と分けられていて
    そのどれもに手紙に書いた人の愛が伝わってきます。

    編集した人も
    息子さんを病気で亡くしているそうで。
    だから心に伝わる手紙が選べたんだと思います。

  • ■あらすじ<br />身近な亡くなった人へのショートメッセージ集<br />■誰に紹介したい?どんな悩みに効く?<br /><br />■感想<br />自分の体験や想いを綴る気持ちは分からんでもない。<br />ただしそれをかき集めても、出版しても独りよがりな部分を感じてしまう。<br />もっとわびさびを感じさせる、にじむような想いの表現のほうが、もっと人のこころに響くのでは?<br />■その他(名言やキーセンテンスなど)<br />

  • 今、この時間を大切にしようと思った。

  • 苦しくなるほど泣いた。

  • 最初の「妻へ」から ちょっと目が潤んだ。最後の1行とか。 P30の「お母さんへ」も泣きそうで。 p64の「かぐや姫」 えらばれたってとこ。なんだか 胸にきたな。 p66の「ゆうゆうへ」の天窓とか。 p90 「ゆきちゃんへ」 なんだか切なかった。 ”ごめんね”にまとめられた手紙が もうほんと切なくて 読みながら涙がまんしてました。    一番は「せんせいへ」かな。ほんと。ほんと。もう何も言えなかったよ。

  • 泣けた。手紙の感情がモロに入ってきて凄く泣けました。心の純粋な人でも汚い人でもきっと泣けるはずです。

全10件中 1 - 10件を表示

空への手紙―雲のむこうにいるあなたへを本棚に登録しているひと

空への手紙―雲のむこうにいるあなたへを本棚に「読みたい」で登録しているひと

空への手紙―雲のむこうにいるあなたへを本棚に「積読」で登録しているひと

空への手紙―雲のむこうにいるあなたへはこんな本です

ツイートする