ガールズ・ブルー (teens’ best selections)

  • 605人登録
  • 3.47評価
    • (66)
    • (86)
    • (225)
    • (25)
    • (2)
  • 117レビュー
  • ポプラ社 (2003年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591074220

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ZOO
乙一
あさの あつこ
森 絵都
綿矢 りさ
島本 理生
あさの あつこ
綿矢 りさ
瀬尾 まいこ
有効な右矢印 無効な右矢印

ガールズ・ブルー (teens’ best selections)の感想・レビュー・書評

  • もっと終わりのところに時間をかけて欲しかった‼️

  • 高校生の他愛もない日常。
    主人公は理穂。彼氏に振られたところから始まる。彼女の親友は美咲。かなりの虚弱体質だが口が悪すぎる。も一人親友の如月。名前がかっこいい。笑
    学校生活、夏祭り、海の話などたいした出来事は起こらず本が終わってしまった。続きの話はないんだろか…如月の兄、睦月は理穂のことが好きみたいだった。その話がもっと知りたいなと思った。エンディングがもちょっとちゃんとしてたら良かったのになと思う。

  • 偏差値低めの高校で,将来にちょっぴり不安はあるけれど,今を楽しむことが最優先事項。
    腹を割って付き合える仲間っていいなと思いました。

  • 頭は良くない、勉強は嫌い、難しい事嫌い、深く考えるのは苦手。そんなどこにでもいるような高校生の話。他人から同情される事が嫌いで、自尊心が強くて。要するに子供以上・大人未満な中途半端な季節。自分の感情に素直なこの子たちを見ていると、未熟な考えも「いいなぁ」と思えてしまう。ちょっとうらやましくなった。

  • 青春すぎる一冊。

    偏差値の低い学校に通う高校生たちの日常と友情。
    大人には分からない事で笑ったり悩んだり。
    青春ってこんなんだっけ?
    いいなぁ。
    きらきら。ちょっと、眩しい・・。

  • あさのあつこさんの作品です❤キュンキュンします❤❤

  •  高校2年生の主人公・理穂と幼馴染の美咲・如月の3人を中心に、この年頃特有の想いや人との関わりが描かれている。勉強は苦手だけど、おばあちゃん子だった理穂は、意外に物事や言葉に対してするどい感覚を持ってる。病弱な美咲はわがまま放題だが、辛辣な言葉の中に真実が見える。人の偽善に対しても厳しい。如月はかなりマイペースだが、すっごくいい奴。それ以外に出て来る子も、理穂の弟の真央、学年一の成績のスウちゃん、中退した綾菜・・・みんないい子。
     

  • 中学生の時に読んで衝撃をおぼえた作品。主人公の少女達の快活さ、みずみずしさ、強かさ。全てに魅せられ、憧れた。ぐだぐだとした語りが嫌いな人には向かないかもしれない。

  •   まだ春だけど
      夏みたいな
      気分になりたくて読みました  oO



      ただただ 17才って
      夏の海みたくきらきらしてる、




      今年の夏も楽しみたい (`・ω・´)

  • 『今がいい。今が楽しい。ずっとこのままでいたい。時が、還流すればいいと思う。ながれさっていくのではなく、ぐるぐるとただ、巡り流れてくれればいい。あたしたちは、いつまでも今のあたしたちだ。
    ときどき、本気でそう思う。
    同時に突き抜けたい、遠くに、高く、この街を突き抜けて、今までと全然違う別の自分を見つけたい。そうも思う。
    真反対にある二つの物を、同時に手に入れる魔法ってないだろうか。』
    普通の高校一年生

    初めて読んだ頃から変わってないこの当たり前の気持ち。


    児童文学ってホントはとっても面白い。

  • 私のナツの読書1冊目。
    読んだのは文庫だけれど、この青さが好きだから単行本を登録しました。
    前に読んだときもこの青さに惹かれて読みました。

    もうこんな青春は出来ないから、この子たちの関係がうらやましい。
    私にこんな青春はなかったけど。
    夏と青春は結構好き。

  • 中学生の時に初めて図書室で借りた本でした。それまではあまり本を読むほうではなかった私でも読みやすかったです。キャラクター一人一人も個性的で、読んでいて楽しかったです。

  • 図書館でなんとなく速読した本。非常に読みやすかった。登場人物にそれぞれ個性があって、会話もおもしろい。実際の高校生もこんな感じだなあと思ったりした。自分とは全く違う生き方だが、こういう生き方もしてみたいと思った。いい終わりかただと思ってたら続きがあった。続きも読みたくなった。

  • 今を生きる女子高生のリアルな感情が細かく表現されていて、
    何故かわからないけどすごいなあと感じました。

  • タイトルをちょっと恥ずかしいと思ってしまう年齢になってしまいましたが、会話が面白かったです。こういう友達っていいなと羨ましく思いました。

  • おととい少し読んで、きのうの夜に残りを一気読み。微妙に日付を超えていたけれど、読了日はきのうで。
    あさのさんってやっぱりすごいなぁ、と思う。どこともなくただよう妙なアツさがちょっと苦手でバッテリーは四巻目あたりで挫折、ザ・マンザイ、ねらわれた街は読んだけれどそれ以後なかなか手が伸びなくて、この間久しぶりにナンバー6の一巻目を読み、へぇ、とちょっと思った。数日前に朝日の朝刊で、大阪教育条例についての発言を読んでまたへぇ、と思い、今回読んでみてすごいなぁ、と思った。長いながい間、自分に誠実に書きつづけるのはきっとたいへんで、迷いも後悔ももどかしさも、たくさんたくさんあるのだと思う。でも、それでも一歩一歩、若いひとたちをみつめてむき合って、前に進んでこられたのだろうな。わたしは、どこまで誠実に歩んでいけるだろう。
    あさのさんの最近の作品、もっともっと読もう。

  • 2011年6月30日

    <girl's blue>
      
    装丁/鈴木成一デザイン室

  • ■いいじゃん。あたしたちには愛がある。劣等高校生、理穂・美咲・如月。それぞれの夏がはじまった―。気鋭・あさのあつこが放つ、切ないほど透明な青春群像小説。

    ■■こうゆう物事の考え方とか友達のあり方とか、結構憧れる。そっけなく見えて、本当はきちんと通じ合ってる。こんな友達を学生のうちに作りたかった。青春群像小説って銘打たれたお話の中には名前はさわやかそうなのに内容は結構どろどろしてるもの多いけど、これはあさっさりと潔く切なくて、好き。

  • どこまでも透明だなぁと思いました。ぴゅあっぴゅあやで。
    青春っていいな…と思いました。如月が好きです。

  • 青春小説。あさのあつこさんはこれが初めてだった。若いっていいな~

  • いつも楽しそうに見えても、人にはくるりとまわったみんなに見せない面がある。バカみたいに笑ってる悩みなんてなさそうなお気楽高校生だって悩んだりするんだ。なんて青春物語。あの頃はよかったなんて過ぎてみないとわからないんですけどねえ

  • テンポがよくて読みやすかった。今を大切に生きようとする主人公たちがいきいきとしていた。

  • 青春って感じ!!

  • 高校生の日常というかんじ。
    自分が高校生の時に読みたかったなぁ〜。

全117件中 1 - 25件を表示

ガールズ・ブルー (teens’ best selections)に関連する談話室の質問

ガールズ・ブルー (teens’ best selections)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ガールズ・ブルー (teens’ best selections)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガールズ・ブルー (teens’ best selections)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガールズ・ブルー (teens’ best selections)を本棚に「積読」で登録しているひと

ガールズ・ブルー (teens’ best selections)はこんな本です

ガールズ・ブルー (teens’ best selections)の文庫

ガールズ・ブルー (teens’ best selections)の文庫

ガールズ・ブルー (teens’ best selections)のKindle版

ツイートする