うそつき (ポプラ・ウイング・ブックス)

  • 18人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (0)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Malorie Blackman  冨永 星 
  • ポプラ社 (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591074527

うそつき (ポプラ・ウイング・ブックス)の感想・レビュー・書評

  • 著者:英国人 舞台:英国 時代:現代 視点:男女
    原題は『Tell Me No Lies』。Malorie Blackmanによる1999年発表作品。

    若いなあ。不器用だなあ。
    一時間もかからずにさらりと読めた。

  • 透明人間のような女の子と重たい過去を隠してる転校生の男の子
    素直になれない、もうなにもできない、悪いことばっかり起きる、いいことが起きる気がしないとき、自分を哀れむような感情に浸り、もってないものばかり目につく
    傷つきまいと必死に防御して相手を傷つけたり、攻撃するような態度を家族にとってしまうったりする。子どもの視界の狭さがよく表れていて息苦しい、いじめる側といじめられる側の心理。一時のジェンマのひねくれ具合がおそろしい。

  • 昨夜途中まで読んで寝ようとしたら気になって気になって・・・
    とうとう眠れなくなって・・・
    3時半までかかって読み終えた
    マイクのあの行動は・・・?
    ジェンマの態度は・・・?
    と・・・

  • 思春期に上手くいかないのはどこの国も同じ。人が少しずつでも分かり合えるといいな。

  • 「透明人間のコートを着させられるの」

全5件中 1 - 5件を表示

うそつき (ポプラ・ウイング・ブックス)の作品紹介

どうして、マイクまであたしを避けるの?あたしだって、憎まれ口がききたいわけじゃない。ほんとは仲良くしたいのに。父さんは、母さんのことで、ひどいうそをついてたし、もういい!あたし、これからは自分のことだけ考える-。学校でも家でも居場所のない少女ジェンマと、重すぎる過去を隠して新しい学校にとけこもうとしている転入生マイク。たがいに好感を持ちながらも、傷つきやすい心をかばおうとするふとした言動から思わぬ誤解が重なり、思いもよらないいじめがはじまる…。イギリスのティーンエイジャーの圧倒的な支持を受ける作者が、それぞれに問題を抱える家族や若者たち一人一人の心のひだを鮮やかに描ききる、衝撃的な物語。

うそつき (ポプラ・ウイング・ブックス)はこんな本です

ツイートする