崖の国物語 外伝―雲のオオカミ (ポプラ・ウイング・ブックス)

  • 65人登録
  • 3.47評価
    • (5)
    • (5)
    • (22)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : クリス リデル  Paul Stewart  Chris Riddell  唐沢 則幸 
  • ポプラ社 (2003年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (132ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591076064

崖の国物語 外伝―雲のオオカミ (ポプラ・ウイング・ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いつものよりかなり短いです。
    まあ、4巻の前のお話だからね。
    それに商人連合船との戦いのみしか
    扱われていないので。

    クウィントがまだ雲のオオカミを
    名乗る前の物語です。
    私腹を肥やしている商人船と
    それを撲滅しようとする空賊たちの戦いです。

    なにやらそれには
    黒い陰謀が絡むようですが…

    まあ、補完目的で読んだほうがいいかも。

  • 図書館で借りました。

     児童書。ファンタジー。異世界。
     親世代本。雲の狼クウィント若かりし頃。
     4の直前の物語。
     父親に彼が「雲の狼」という名を授かる事件を描く。
     4巻で、最高学位の招集に、なぜ゛風のジャッカルが遅れそうになったのかが載っている。
     すごく、空賊らしい物語。

     商人連合に嵌められて、捕まった仲間を助けようと、クウィントは奮闘する。
     そして黒ダイヤを首尾良く仕留める。
     空中戦。海賊の連携。
     大きな敵。
     
     ページ数が薄いのでわりとすっきり読み終えられます。    

  • いつものに比べると

    薄っ!?(゜д゜)

    ってなるw

  • 後に雲のオオカミと呼ばれる空賊になるクウィントとその父・風のジャッカルのお話。父の元で空賊の修行中であるクウィントの短いエピソードですが、本編でクウィントが一足飛びに空賊の船長になった感があったので、とても興味深いお話だなぁと思いました。

  • トウィッグのお父さんの話ですな。
    短くコンパクトな話ですが、読み応えはあります!!
    クウィント格好良い〜vvv

  • ページが薄いよぅものたりないよぅ(>_<)
    私腹を肥やそうとしている商人連合の悪徳商人の空船に空賊たちが襲撃をかけて奴隷を開放しお宝まで持って帰る話なのに!
    「ちょっと寄り道の一仕事」すぎる〜〜。
    早く次が出ないかな〜。

    原題 / "CLOUD WOLF"(2001)

全6件中 1 - 6件を表示

ポール・スチュワートの作品

崖の国物語 外伝―雲のオオカミ (ポプラ・ウイング・ブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

崖の国物語 外伝―雲のオオカミ (ポプラ・ウイング・ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする