また!ねずみくんとホットケーキ (ねずみくんの絵本 18)

  • 106人登録
  • 3.55評価
    • (4)
    • (10)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
制作 : 上野 紀子 
  • ポプラ社 (2003年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591077672

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

また!ねずみくんとホットケーキ (ねずみくんの絵本 18)の感想・レビュー・書評

  • ねみちゃんのホットケーキを待つ間、かくれんぼをすることになったねずみくん達。
    鬼になったねずみくんが知らないうちに早くおやつを食べたい友達が時計の針を進めて得をするのかと思ったら・・・そうはいかないのが面白い。
    「みんなでたべないとおいしくないよ」と分けてあげるねずみくんの優しさが光ってました。

    『ねずみくんとホットケーキ』は読んでいないので機会を見つけてチェックしてみようと思います。

  • 「また!」という題名が気に入りました。
    ホットケーキ食べたくて、みんなが時計を進めちゃう気持ちがわかり、笑ってしまいました。
    みんなの表情も絶妙ですね♪

  • 時計を進めるあたり、アメリカのアニメっぽい(笑)

  • 2歳9ヶ月
    同シリーズの別の作品が面白かったのか、
    この表紙を見ると興味を示します。
    時計を動かすシーンは
    案の定、嬉しそうな表情。

  • チビ1号、幼稚園、「読みの時間」にて

    2009/10/27
    チビ1号、幼稚園、「読みの時間」にて、2回目

    2013/09/24
    チビ2号、小学校にて

  • またねみちゃんがホットケーキを作ってくれることになった。
    3時のおやつに作るのでそれまでみんなでかくれんぼをして遊ぶことに。
    ねずみくんが鬼になったけれど、みんなははやくホットケーキが食べたくて時計の針を進める。
    本当はまだ1時間くらいあるのにもう時計は3時。
    3時だよとみんながせかすと、もうそんな時間、まだこれしか用意出来ていない、とちょぴっとのホットケーキしか出てこない。
    そして、本当の3時ころに鬼から帰ってきたねずみくんがやってきて、ねみちゃんは大きなホットケーキを出すのだった。
    ねずみくんは大きいホットケーキをみんなに配って食べる。
    実はねみちゃんは腕時計を持っていたので、正しい時間を知っていたのだった。

    動物たちよりもねみちゃんの方が一枚上手だったということ。
    時計の針を進めるなんて、みんなずるい。

  • 息子が時計の概念をつかむのに、やさしくていいかなぁと思い借りてみました。息子は今のところ時計より、ホットケーキの大きさに反応してましたけど・・・。

  • おやつの時間まで我慢できなくて時計をすすめてしまうあたりかわいい!って思ってしまいました。

  • 2011年度  幼稚園年長

  • 図書館で借りてきた本。きっと「ねずみくんとホットケーキ」もあるんだろう。
    でも見つけられなかったので、こちらを借りました。
    落ちがいまいちだった。
    期待していたので余計がっかり。
    ますます「ねずみくんとホットケーキ」が気になる。

  • ホットケーキが出てくる本は全般的に好きな様子。
    この本の影響で『時間』に少し興味を持ち始めるようになった。

  • ねみちゃんのホットケーキは3時にできます。
    待ちきれなかったみんなは時計の針を勝手に3時にすすめてしまいますが・・・

  • ねずみくんシリーズ20

全14件中 1 - 14件を表示

また!ねずみくんとホットケーキ (ねずみくんの絵本 18)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

また!ねずみくんとホットケーキ (ねずみくんの絵本 18)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

また!ねずみくんとホットケーキ (ねずみくんの絵本 18)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

また!ねずみくんとホットケーキ (ねずみくんの絵本 18)の作品紹介

ねみちゃんのホットケーキ、3じにできるんだって。とけいをはやく3じにしてしまおう。ねずみくんの絵本。

ツイートする