おひさまとおつきさまのけんか

  • 106人登録
  • 3.68評価
    • (11)
    • (5)
    • (20)
    • (0)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : せなけいこ
  • ポプラ社 (2003年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (26ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591077702

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック カール
かがくい ひろし
長谷川 義史
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印

おひさまとおつきさまのけんかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • せなけいこにしてはちょっと普通かなあ。

  • まるで神話のような・・・
    す、すごい・・・
    でも怖い…

  • ウワワー!!!

    せなけいこさんの絵本、自分が幼稚園の頃に『ねないこだれだ』や『あーんあん』『いやだいやだ』などを読んでいたくらいで、最近の作品は存じ上げなかったのですけど、これはすごい。

    かつて太陽と月はケンカをし、仲直りしていないから、今でも別々にお空にのぼるんだよ。
    ……みたいなお話かなーと思いきや、そんなもんじゃ済まなかった。

    どうしてこうなっちゃったんだろう?
    どうすればよかったんだろう?
    もしこういう気持ちになっちゃったらどうする?
    娘がもう少し大きくなったら、一緒に考えてみたいテーマ。

  • おひさまとおつきさまのケンカで両方消えて真っ暗という想像のはなし。
    C8793

  • 幼稚園
    おつきさまが遅刻したことで、険悪になり、おひさまとの戦争が始まる。
    結果は相打ち。

    これは遠くのちがう宇宙のお話。
    地球では起きないよね?

  • おひさまとおつきさま、心の底からおもいきりけんかしてる。
    子どもはこういう絵本が好きそう。
    怒ったりけんかしたりはあくまで素直な言動で、大人ほどネガティブにとらえていない気がする。

    ラストは驚き。

  • けんかや戦争はこうやって起きるのかしら。他人事でない、ちゃんと気を付けなくちゃと思わされました!でも、読んだ人が同じように気を付けたなら、世の中からけんかは減りそうです。

  • 1歳5か月
    デビュー。

  • 月の絵本を探してたら、「これもおもしろいよー」と紹介された本。

    はじまりは小さなことだったのに、お互いを壊しちゃうことになったのは、結構切ない終わり方だった。

  • 職場図書館のおはなしかい「平和」がテーマの会で
    ナマイセンパイが用意してくださりオオグリが読んだ本。
    小さい子どもにも ちゃんと伝わる「へいわ」の絵本です。
    むしろ子どもよりも、まわりで読み聞かせを見ていた
    お母さんたちの「この本やっべ」って反応が
    この絵本の凄みをあらわしておるな…。と思いました。

全15件中 1 - 10件を表示

おひさまとおつきさまのけんかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

おひさまとおつきさまのけんかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おひさまとおつきさまのけんかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おひさまとおつきさまのけんかを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする