きみの知らないところで世界は動く

  • 617人登録
  • 3.04評価
    • (17)
    • (51)
    • (266)
    • (40)
    • (14)
  • 86レビュー
著者 : 片山恭一
  • ポプラ社 (2003年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591077979

きみの知らないところで世界は動くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 思い出。色の薄い半透明のヴェールがかかったような、気だるさや葛藤、自分には止められない思春期の揺れを感じさせる映像化した作品がとても好きでした。もう10年以上も前のことなのに、あの時の「観た」というまろやかな衝撃は、鮮やかに記憶のなかにあるから不思議です。

  • 私には片山恭一は合わない。と、心底思う。
    主に話のリズムが。

    内容は嫌いじゃない。でもそこが好きになれないから、なかなか進まない。読みたいのに読むのが億劫な気分になってしまう。

    言い回しとかは面白いと思うんだけどな〜。

    後、タイトルはいつもすっごく惹かれる。

  • 『セカチュー』の作者とは知らずに手に取った。
    ちょっとあざとくて僕には苦手だな。

  • 村上春樹のような語り口。人物描写。アイテム。
    とくにノルウェイの森を彷彿とさせる。
    ただ、人物に感情移入できる点が違う。希望を予感させるラスト。

  • 彼らの会話が好きです
    テンポの良さ、言い方の妙、意外性・・・いいな~~
    最後はまさか・・・でしたが、

  • なんかツーンとした感じで、結構良かった。

  • 動いている。

  • 「世界の中心で愛を叫ぶ」の作者の本だから読んでみました。
    時代設定が古くて、その頃の哲学的な感じが全体に滲み出てるような。
    カヲルがなぜ過食に走ってしまったのか。
    ジーコがなぜ死ななければいけなかったのか。
    私にはちょっと難しすぎました。

  • 片山作品の中では一番おもしろいのではないかと思いました。
    話のテーマは「世界の中心で~」と同じかと思うのですが、こちらの方がより深みがあります。
    十分な程度のボリュームがあるため感情移入しやすかったです。

  • ジーコやカヲルみたいに、深く深く物を考えすぎてしまう人、けっこう好きです。

全86件中 1 - 10件を表示

きみの知らないところで世界は動くに関連するまとめ

きみの知らないところで世界は動くを本棚に「読みたい」で登録しているひと

きみの知らないところで世界は動くを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きみの知らないところで世界は動くの単行本

きみの知らないところで世界は動くの文庫

きみの知らないところで世界は動くのKindle版

ツイートする