こうえんのシロ―おちばのあき (ママとパパとわたしの本)

  • 17人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • ポプラ社 (2003年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (61ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591078228

こうえんのシロ―おちばのあき (ママとパパとわたしの本)の感想・レビュー・書評

  • わたしのおきにいりは、ちょうろうがシロとだきあっているところです。なぜかというとちょうろうとシロは、それだけなかがいいことがすぐに分かるからです。あとちょうろうがしんぱいしてくれるほど、やさしいところがいいと思いました。

  • 秋、小犬のシロが落ち葉掃除をしていたら強い風が吹いてきてシロの大事な葉っぱを飛ばしてしまいました。
    葉っぱがないと何もできないと泣くばかりのシロに皆は愛想を尽かし、いなくなってしまい・・・

    シロにとって葉っぱが大事なのか理由は特にないのかな?
    ちょっと分からなかったのが残念でした。

  • 可愛くて癒される~

  • こうえんのシロシリーズ

    落ち葉集めて
    宝物のはっぱがなくなって
    みんなが竜巻にのってどこか行っちゃって
    どんぐりが相撲して
    ひとりで掃除してがんばる!

全4件中 1 - 4件を表示

こうえんのシロ―おちばのあき (ママとパパとわたしの本)はこんな本です

ツイートする