七つの封印〈6〉黒死病の悪霊

  • 89人登録
  • 3.64評価
    • (8)
    • (7)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 山田 章博  Kai Meyer  山崎 恒裕 
  • ポプラ社 (2003年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591078334

七つの封印〈6〉黒死病の悪霊の感想・レビュー・書評

全8件中 1 - 8件を表示

七つの封印〈6〉黒死病の悪霊を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

七つの封印〈6〉黒死病の悪霊を本棚に「積読」で登録しているひと

七つの封印〈6〉黒死病の悪霊の作品紹介

たかがカカシじゃないか、とキラたち四人はたかをくくっていた。木の棒に古着が着せてあるだけだと。ところが、カカシの首の上には髑髏がのっていたのである。髑髏の額に打ちこまれていたクギの頭にきざまれた図柄は、なにを意味しているのか?秘密をさぐるキラとクリスは、市役所の真下にひろがる公文書保管所のフレック氏をたずねる。14世紀に大流行した黒死病の歴史に謎を解く鍵がありそうだ。カカシは、どんどん数をふやし、街を包囲し、恐怖におとしいれる。なんとか侵略を阻止しなくては。とんでもないことがおこる前に…。

七つの封印〈6〉黒死病の悪霊のペーパーバック

七つの封印〈6〉黒死病の悪霊のハードカバー

ツイートする