しょうたとなっとう (ふしぎいっぱい写真絵本)

  • 127人登録
  • 3.88評価
    • (15)
    • (13)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 23レビュー
  • ポプラ社 (2003年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784591078877

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ユージーン トリ...
谷川 俊太郎
トミー=アンゲラ...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

しょうたとなっとう (ふしぎいっぱい写真絵本)の感想・レビュー・書評

  • ★★★
    しょうたは納豆が嫌いです。
    3歳の時体中につけてしまったあのねばねばべとべとが忘れられません。
    「しょうた はたけいってみっか」ある日おじいちゃんに畑に誘われました。しょうたの大好きな豆を植えるんです。
    しょうたは毎日豆の世話をしました。実った豆を茹でて食べて喜ぶしょうたにおじいちゃんは納豆をとっておきのものに変身させてくれます。
    納豆です。
    自分で毎日世話をしたまめから出来た納豆の美味しさに、しょうたは納豆が大好きになりました。
    ★★★

    写真絵本。
    大豆を育てて納豆を作るまでがかかれてて子供にも分かりやすいです。
    「丸いものが密着」しているものが苦手な方は、表紙見返し部分にご注意。おそらく納豆菌だと思うんですが、私はこういうのが本当に苦手だ。

  • 図書館で、読み聞かせしてもらった本。

    オレは納豆は好きだし、子どもも納豆はふつうに食べれる。
    納豆は体に良いからね。
    こんなに安くて、体に良い、なんて、スゴイ機能的な食品だよ。

  • 4,5分

    なっとうがきらいなしょうたに食べられるようになって
    欲しくて、おじいちゃんが大豆のたねをまくところから
    しょうたと一緒にやっていく写真絵本。

    分かりやすい写真で、大豆のたねから芽が出て花が咲き
    豆ができて、枝豆や大豆、納豆になるまでがよく
    わかります。

    興味深く聞くことのできる、読み聞かせに良い本だと
    思います。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み再製本した、ユニバーサルデザイン絵本の貸出をしています。
    ・ 状況が「読みたい」になっている本は、貸し出しできます。
    ・「いま読んでる」になっている本は、貸し出し中です。
    貸出方法については、ユニリーフのHP  http://unileaf.org/  をご覧下さい。

  • 納豆がどうやってできるのかよくわかります。

  • 本物はおいしい。
    食の基本であると思う。

  • 大豆のタネをまいてから納豆ができるまでを描いた写真絵本。
    小学3年の国語の教科書で、大豆を取り上げた説明文の単元で紹介されています。教科書の内容より、この本の方がずっと面白いです。
    小学校の読み聞かせで3年生に読みたかったのですが、10分近くかかるため、一緒に読む本と時間の兼ね合いがつかず断念。娘と家で楽しみました。
    …考えてみると、10分近くと言っても、国語の授業時間の中ではほんの少し。こういう本こそ、先生が読み聞かせで紹介してくれたらいいのに…。

  • 時間:8分 読み聞かせ候補
    教科書にも載っているお話らしい。枝豆→大豆→納豆になる過程が写真を通してよく分かる。しょうたという少年が主人公なんだけど、クラスにその名の子がいるので読むのをやめた。枝豆から大豆になるのを実は知らなかったので、大変ためになった。

  • ひこさんから納豆をいただいたり、由香利さんが納豆を手作りしたり、塾長が日本人にあう発酵食品の話をしたりと、納豆が気になるのでチェック!

  • めずらしく、写真を使った絵本。それも、風景だけとかコラージュや加工をして原型が分からなくなるような使い方ではない。アルバムを開いたときに載っていそうな写真の絵本。
    食べ物がメインというより、農業とか自然の不思議さがメインのテーマかな。

  • ダイズの生長、収穫、加工について学べる写真絵本。
    監修は発酵学の小泉武夫氏。

  • しょうたが蒔いた豆が芽を出して、枝豆になって、大豆が枯れると刈り取って・・・大豆が納豆に変身!
    栃木弁でじいちゃんの声を音読すると、子どもたちが笑います。

  • 写真絵本。しょうたがおじいちゃんと一緒に大豆から納豆ができるまでを追っていきます。方言まじりのおじいちゃんとしょうたとのほのぼのした会話、しょうた君の表情や大豆から納豆づくりの風景の写真も素敵。

  • 写真絵本。大豆を学んだ3年生に。納豆が嫌いなしょうたが、おじいちゃんと一緒に畑に豆をまき、大好きな枝豆を食べ、おじいちゃんが納豆を作ってくれるのを手伝う。(10分)

  • なっとうきらいな子、読んでみて!
    おじいちゃんとしょうたのふれあいに、こころ温まります。

  • ふしぎいっぱい写真絵本。
    初めて食べた3歳の時から納豆が苦手なしょうた。
    夏の初め、畑に連れて行ってくれたおじいちゃんと一緒に大豆の種をまき成長を見守ります。
    若いうちは枝豆で楽しめ、秋の終わりには次の年まく種用、
    調理して食べるのはもちろん、味噌や醤油、豆腐の材料にも変身する忍者のような大豆。
    そして昔ながらのわらに詰める納豆作りは大人でも興味津々。
    大豆のことをたくさん知り、納豆を食べられるようになったしょうたはもちろん
    おじいちゃんのうれしそうな表情が印象的です。

  • なっとうがきらいだったしょうたくん。おじいちゃんといっしょに畑に豆をまいたよ。豆から芽が出て、育って、枝豆になって、大豆を収穫し、蒸して藁に包んで納豆ができるまで。
    写真絵本。すごくねばってておいしそう!(i44)

  • 9分
    三年生の食育の授業とからめて読み聞かせ
    文章で少し幼すぎないかなと思うところがあったが、良く聞いてくれた。
    納豆の嫌いな子は苦い顔!

  • なっとうがきらいなしょうたくんと、おじいちゃんの豆講座

    枝豆って大豆といっしょなんだな~
    うっすら知ってたけど、ああでも知らなかったかも。笑

    豆をまいたら枝豆ができて、
    秋までほっといて枯れちゃったみたいなやつを干して
    わらに入れると納豆ができる!魔法みたい!

    納豆たべたくなりました。
    おなかへったかも~

  • 納豆嫌いなしょうたくん
    おじいちゃんは 畑に 大豆を蒔いて・・
    大豆は日本人の食生活を支えているなぁ

  • 納豆嫌いのしょうたがおじいさんと、大豆を育てる話。
    美しい写真とおじいさんとしょうたの心温まるほのぼのとした会話。
    納豆ができるまでを詳しく知ることができる絵本でもあります。

  • この絵本はわたしの大好きな星川ひろ子さんとご主人の写真絵本です。納豆に関しては私も息子も大好きなので好きになる為にではなくて、大好きだから読んでいるという感じですね。しょうたくん5歳の目線で描かれた作品で、おじいちゃんが育てる大豆の種まきから始まり、納豆のできるまでをわかりやすい文章と共に素敵な写真満載です。「じいちゃんを みてみな、わかいべっ。なっとうを たべてっと、じょうぶで つよくなれるんさ」というような(東北地方の方言でしょうか?)楽しいなまりに子供は夢中です♪息子は「こんなおじいちゃんがほしいなぁ」と言っています。

全23件中 1 - 23件を表示

しょうたとなっとう (ふしぎいっぱい写真絵本)に関連するまとめ

しょうたとなっとう (ふしぎいっぱい写真絵本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

しょうたとなっとう (ふしぎいっぱい写真絵本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

しょうたとなっとう (ふしぎいっぱい写真絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

しょうたとなっとう (ふしぎいっぱい写真絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする