ズッコケ怪奇館 幽霊の正体 (新・こども文学館)

  • 24人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (1)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 那須正幹
制作 : 高橋 信也  前川 かずお 
  • ポプラ社 (2003年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591079454

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ズッコケ怪奇館 幽霊の正体 (新・こども文学館)の感想・レビュー・書評

  •  幽霊が出ると噂の暗闇坂で、幽霊の正体を突き止めようと調査を開始する三人組。
     私はこういう心霊系は苦手なんで、絶対に夜中にこんなところは行かないけれど、すごいな、この3人。
     一緒について行ってあげるお父さんもお父さんだけど。

     ところどころ分かった部分もあったけど、最終的な犯人は分かんなかったなー。
     でも、三人組はトリックを見破って、直接犯人を取り押さえたから、この人だって分かったけど、読者にしたら、この人だっていう決定的な証拠がなかったから、突き止められなくてもしょうがない気も…。
     他の人だって、やってやれなくはなかったわけだし。

  • 山間の 薄暗いトンネルには 大抵 曰く付きの 話があるものだ…

  • トンネルで頻発する交通事故の謎を三人組が調査する話。
    これといった面白みはなかった。

  • 4月30日読了。懐かし。とりあえずシリーズ全部読んでおきたい。

全4件中 1 - 4件を表示

ズッコケ怪奇館 幽霊の正体 (新・こども文学館)はこんな本です

ズッコケ怪奇館 幽霊の正体 (新・こども文学館)の単行本

ツイートする