きつねのかみさま (絵本・いつでもいっしょ)

  • 617人登録
  • 3.86評価
    • (79)
    • (81)
    • (112)
    • (3)
    • (0)
  • 83レビュー
制作 : 酒井 駒子 
  • ポプラ社 (2003年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (22ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591079539

きつねのかみさま (絵本・いつでもいっしょ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あまんきみこさんについて調べだしている。昨日、あまんきみこさん原作の人形劇『きつねのおきゃくさま』を次女と観た。この『きつねのかみさま』を図書館で借りて読んでいる。『おにたのぼうし』もあまんきみこさんなのか!やさしさの中に考える部分もある。しばらく『あまんきみこ』さんの事を調べようと思う。

  • 少し暗くて、どこか神聖な場所に踏み入れたような気持ちになる絵本。ですが、暗いお話ではなく、ちょっと特別な場所にそっと足を踏み入れたような姉弟のお話。
    1ページ1ページに、一呼吸入れたような絵と文に注目したい。

  • 森の奥には不思議な世界が・・・という童話の原点のようなお話。子どものときにこういう森に出会うことは必要だな〜。現実には、こういう森はどんどんなくなっているだろうし、子どもがひとりで歩き回ることができない世の中だから、だからこそ、絵本が必要なのかな。。。

  • あまんきみこと酒井駒子だー!!どっちもすきだ-!と借りてみた。挿絵にコマ割りがあって、マンガみたいな絵本です。キツネがかわいい。

  • 人間はもちろん、きつねにだって神様は存在する。そして少しの思いやりや優しさがあれば、みんな神様になれるよ。

  • ほっこりするような優しいお話です。


    登場人物の姉弟も、子ぎつねたちもみんなかわいい。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 2003年12月 第1刷発行  2004年4月 第3刷

    作者 あまんきみこ  
     1931年、旧満州に生まれる。

    画家 酒井駒子(さかいこまこ)
     1966年、兵庫県に生まれる。東京芸術大学美術学部卒業。

    理恵ちゃんは、きつねたちのかみさまになったのよ。
    そのわけはね…    カバーより

    酒井さんの優しい風合いの絵が好きです。

  • 酒井駒子の悲しげな絵と
    あまんきみこのほのぼのストーリー。
    一見合わなそうでいて、
    なかなかいい相乗効果をあげていた。

  • 子供って正直だから、つい本当の事を言ってしまいがちだけど、きつねの子の思い込みをそのままにしてあげたお姉ちゃんとすぐ理解した弟はチョット大人びているなぁ。縄跳びを返してもらってもつまらないけど、きつねのかみさまでいられる方がずっとワクワクするもんね。色々な恰好でジャンプするきつねたちの絵がカワイイ!キツネと戯れたくなった。蔵王キツネ村行きたいなぁ。

全83件中 1 - 10件を表示

あまんきみこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
酒井 駒子
伊坂 幸太郎
なかがわ りえこ
湯本 香樹実
マージェリィ・W...
トミー=アンゲラ...
ばーじにあ・りー...
小川 未明
有効な右矢印 無効な右矢印

きつねのかみさま (絵本・いつでもいっしょ)に関連する談話室の質問

きつねのかみさま (絵本・いつでもいっしょ)に関連するまとめ

きつねのかみさま (絵本・いつでもいっしょ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きつねのかみさま (絵本・いつでもいっしょ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする