かいけつゾロリとまほうのへや (35) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)

  • 339人登録
  • 3.84評価
    • (25)
    • (20)
    • (32)
    • (0)
    • (2)
  • 16レビュー
著者 : 原ゆたか
制作 : 原 ゆたか 
  • ポプラ社 (2004年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (94ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591081914

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

かいけつゾロリとまほうのへや (35) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 16 後編。長い話だ~

  • [墨田区図書館]

    「かいけつゾロリ」シリーズの第35巻。
    よかった!前作の続きとなっている巻で、ちょうど昨日34巻を読んだ息子が、「続き(35巻)が読みたい~」と騒いでいたら、図書館に届いていた!なるべく順番に読める様に、でも待ちすぎないように4冊くらいずつ予約をしているので、場合によってはかなり順番が狂って届くこともあるんだけれど、今回はラッキー!

    そしてまほうつかいの正体は、タイガーだった!と言っても実はあまりピンと来ないんだけど、そうだね、かいぞくの時に何か敵対するキャラがいたことくらいは覚えているかな、、、、息子にいたっては、説明をすっ飛ばし&覚えていなかったんだろうけど、私が後追い読みをしていると、「まほうつかい、知らないやつだよ、出てきたことないやつだよ」とか言ってたくらいだし。それにしてもいい人話が最近多い気がするなー?

  • 黒マントの正体はタイガーというかいぞくなのがおもしろかった。

  • 資料番号:020120721
    請求記号:F/ハラユ

  • 魔法使いになりすまし、善良な村人をだますのは、
    ヤギーシロー、ミャリック、プリンセス ニャンコー
    彼らのインチキ手品に、ゾロリが対抗します。
    英語では、手品も魔法もMagic
    似たようなものなのか??

  • ノシシを助けようとするゾロリの優しさがオススメポイントです。

  • ゾロリの勇気があるなと思った

  • 2012年9月半ば。夏休みに長男が借りてた、まほう少女は面倒くさくなり読んでいなかったのに、本書はまほう少女の続編…。

    しっかしまほう少女のネリーちゃん。やはりこれは魔法使いポッターさんから、ハリ〈ー〉ネズミ。ネズミだからネリーちゃんってヤツですか…。タイガー、再び現る…!結構なレギュラーぶりですなあ。

  • おもしろかった

  • でんせつのゆうしゃって、誰?

全16件中 1 - 10件を表示

原ゆたかの作品一覧

原ゆたかの作品ランキング・新刊情報

かいけつゾロリとまほうのへや (35) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かいけつゾロリとまほうのへや (35) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かいけつゾロリとまほうのへや (35) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かいけつゾロリとまほうのへや (35) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)を本棚に「積読」で登録しているひと

かいけつゾロリとまほうのへや (35) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)はこんな本です

ツイートする