バスをおりたら… (絵本のおもちゃばこ)

  • 104人登録
  • 3.45評価
    • (5)
    • (7)
    • (17)
    • (1)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 小泉るみ子
  • ポプラ社 (2004年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591082188

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
エリック カール
モーリス・センダ...
なかがわ りえこ
馬場 のぼる
有効な右矢印 無効な右矢印

バスをおりたら… (絵本のおもちゃばこ)の感想・レビュー・書評

  • 教室での読み聞かせよりは、家でじっくりと絵を楽しみながら読みたい絵本。
    読み聞かせで使おうかと、わが子(小6、小4)に読んでみたが反応はいまひとつ。

  • 北海道の 大自然の中、迷子になった 女の子。

  • 小学校は家から遠いところにあるけれど、バスは通っていないところに住んでいる女の子。
    朝はお姉ちゃんが一緒だからいいけれど、帰りはひとりぼっちで寂しい。
    最近は、笛の練習をしながら帰るのが日課で、笛を吹いていると帰りの時間が短く感じられる。
    あるとき、帰りにバスに乗ることが出来た。
    初めてのバスだ。
    でも、そのバスはいつも遠くに見えている炭鉱の町へのバスだった。
    女の子は草むらをかき分けて迷いながらも無事家に帰り着くことが出来た。
    家から遠くの炭鉱が見える。
    あんなところから歩いて帰ってきたのかと思うと少し誇らしくなるのだった。

    北海道の田舎の話らしいけれど、学校まで片道2時間とか掛かっていそう。
    大変だ。

    突拍子もない展開はなかったけれど、女の子が無事に家に帰られてよかった。

  • 去年の課題図書に選ばれていたみたいで
    借りてみました

    畑広すぎてびっくり
    帰れてよかったよかった

  • 学校から遠い家の子でいつもひとりで帰ってくる

    夏の暑い日バスにのったら
    炭鉱の町までいっちゃって
    帰ってくる話

    草原やとうもろこし畑が広すぎてびびる
    よかったよ帰ってこれて・・

  • 見開きいっぱいに大胆な構図で描かれている絵が素晴らしい。孤独、不安、安堵…主人公の女の子のその時々の心情を見事にあらわしている色使いも◎。物語よりも絵に魅入る作品。

  • 古本屋で出会った、素敵な1冊。

    ドキドキの迫力。

  • 学校からの帰り道。雨の日も、嵐の日も毎日毎日歩く遠い道のり。とっても暑い日、わたしは初めてバスに飛び乗ります。バスに乗ったららくちんそう、と思っていたわたしだけど、気がつくと迷子になってしまいます。いつも家からみあげている炭鉱の町にきてしまったのです。いそいでかえらなくっちゃ!
    わたしの不安な気持ちが、広いサトウキビ畑にぽつんとたたずむ姿にうまく表現されています。

    主人公の気持ちを代弁するような、大自然とわたしの絵がすばらしいです。笛を吹きながら軽やかに帰るシーンは若葉色、嵐の中の風景は紫色などテーマカラーに沿って描かれたページは、彼女の気持ちが本全体から伝わってきます。
    迷子になってから家に着くまでのシーンは、セリフはほとんどなく、その絵だけで読んでいるこちらもドキドキしてしまいます。

  • 遠い通学路の景色がきれい。一人でバスに乗るドキドキ感がわかる年齢までが良い。調:「たんこう」「とうきび」(推薦課題図書)

  • バスに乗って知らないところへ着いちゃったところで息子は心配そうでした。小学生でも以外にドキドキしてたみたいです。

  • 第51回青少年読書感想文全国コンクール課題図書

全11件中 1 - 11件を表示

バスをおりたら… (絵本のおもちゃばこ)を本棚に登録しているひと

バスをおりたら… (絵本のおもちゃばこ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バスをおりたら… (絵本のおもちゃばこ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バスをおりたら… (絵本のおもちゃばこ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする