世界中の息子たちへ

  • 35人登録
  • 3.64評価
    • (3)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • ポプラ社 (2004年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (41ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591082379

世界中の息子たちへの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 写真に胸打たれた

  • いつだって死と隣合わせ、
    そんなことわかっているはずなのに、
    どうして笑えるの。

    私らは、銃を抱きかかえる少年兵を想うことができるのか。
    そこにあるのは同情か。
    平和を願う心は持続するの?

    結局私たちはノーテンキなんだ、
    そしてやっぱり世界平和を希求することすら忘れて生きていく。
    それが平和ボケした私らの愚直さだ。

  • 写真と詩

    強く印象に残る本。

  • タイトルに惹かれて買った写真集です。
    詩は堤江美さん、写真は高橋邦典さん。写真も、詩もあってて、感動しました。戦場で死と向き合う子供たちに対する詩です。
    写真集って言うよりは、詩集の方が近いかも。今まで、色んな戦場の写真とか見てきたけど、ここの写真は結構温かかったです。詩は悲しいのに、写真は最初の方は笑顔ばかりだし。返ってそれがまた涙モノ。
    そうそう、この本、本文と写真にも涙を誘われるのですが、あとがきもそうですよ。「あぁ、その通りだー」と思う箇所がいっぱいあるんですよね。
    最初の部分の「またひとり、若者が殺されました」というのは結構衝撃的。誰だって、自分の子供が恐怖に歪む表情や、足が千切れてる映像なんか見たくないもの。自分の子供じゃなくても、膨脹した死体とか、頭が撃たれて判別もできないような死体とか見るの嫌なもの。

全5件中 1 - 5件を表示

世界中の息子たちへはこんな本です

ツイートする