ねずみの騎士デスペローの物語

  • 261人登録
  • 3.54評価
    • (22)
    • (37)
    • (55)
    • (6)
    • (4)
  • 44レビュー
制作 : ティモシー・バジル エリング  Kate DiCamillo  Timothy Basil Ering  子安 亜弥 
  • ポプラ社 (2004年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591082935

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョナサン・スト...
有川 浩
ラルフ・イーザウ
クリス ダレーシ...
アクセル ハッケ
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印

ねずみの騎士デスペローの物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ねずみの騎士デスペローの物語 /ケイト・ディカミロ

    児童書なので可愛い雰囲気もありとても読みやすくてオススメです!一目惚れして買いました(^^*)
    内容:人間のお姫さまに恋をして、ネズミ界を追放されたハツカネズミ、デスペロー。母親をなくした悲しみをかかえる美しいお姫さま。地下牢のやみに住み、光にあこがれとにくしみを抱くドブネズミ。いつか自分がお姫さまになると信じている下ばたらきの娘。それぞれのかなわぬ思いは、どこへゆくのでしょうか。愛とゆるし、そして勇気と希望に満たされた、あたたかい物語。2004年ニューベリー賞受賞の話題作。

  • 映画を観ました。もともとが児童書ということで子供むきなお話なんだけど、大人の方も充分に楽しめる作品だと思います。「真実と名誉を胸に。しかし一番大事なのは勇気。」なんだか自分に足りないものを気づかせてくれた気がします。大切な人のために必死になって戦う姿は誰だってかっこいい。いつか子供が生まれたら観せてやりたい。

  • 読んでみて何か心に残る本。

  • 小学生の時に読んだ本

  • 人にとっての光と闇、生きる支えとなるものとは

  • 「おしたい申しあげております」デスペローはつぶやきました。「わが名誉にかけて」ー本文40pより

    人間のお姫様に恋をしてしまった、ハツカネズミのデスペロー。しかし人間と話してはならないという掟を破ってしまったデスペローは、絶望と、苦しみと、あきらめの匂いのする恐ろしい地下牢に閉じ込められることになってしまい……。

    地下牢の闇に住む、光に憧れ、そのために光を憎むドブネズミ、美しい姫、いつか自分がお姫様になれると信じている下働きの娘。それぞれの物語が交差する勇気と希望にあふれた物語。

    ***

    2004年ニューベリー賞受賞作品。
    言葉がやさしいので小学生でも読めると思います。セリフまわしが童話みたいで私は凄く好きだけど、ドキドキわくわくする冒険もの!という感じが好きな人には微妙かも?デスペロー可愛すぎね。
    ラスト、「みなさんが知りたいのは、彼らがいつまでも幸せに暮らしたかどうかということですね?答えはイエスであり……ノーでもあります」という文に現されているように、何もかもがハッピーエンドというわけではないけど、むしろ何もかもハッピーエンドにしない感じが良いなと思いました。読後感も良かったです。

  • お姫様に恋したハツカネズミ、光に憧れたドブネズミ、父親に売られたミグと心優しいお姫様。4者の運命が交差し、愛と復讐、妬みと憧れ、冒険と許しの物語。その真ん中に癒しのスープがあるのが素敵。

  • 光にあこがれるドブネズミのキアロスキューロに、お姫様になりたい召使ミグ、お姫様に恋したハツカネズミのデスペロー。

    ミグがお姫様と服を交換すればお姫様になれると信じているところがとても切なかった。

    誰かを愛すること、許すこと、そんなことがちりばめられたハッピーエンドのお話。

  • 小さい頃から大好きな作品。
    悲しいこともあるけれど、暖かい幸せがあることを教えてくれたお話。
    たぶん何年たってもいくつになっても感動しちゃう。
    不思議と涙がでてくるんだよなー。
    デスペローのかわいくて純粋な想いは私たちが忘れてはいけない物なんでしょうね。

  • 子供向け、深いような深くないような。
    挿絵が可愛い。

全44件中 1 - 10件を表示

ねずみの騎士デスペローの物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする