つくも神 (ポプラの森)

  • 169人登録
  • 3.66評価
    • (19)
    • (27)
    • (37)
    • (6)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 伊藤遊
制作 : 岡本 順 
  • ポプラ社 (2004年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591083376

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
梨木 香歩
上橋 菜穂子
荻原 規子
上橋 菜穂子
荻原 規子
荻原 規子
有川 浩
畠中 恵
梨木 香歩
上橋 菜穂子
コルネーリア フ...
上橋 菜穂子
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

つくも神 (ポプラの森)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんだか読んでて涙が止まらなかった。
    つくもたちがとてもいとしいです。またみんなが元に戻る日を楽しみに待ちたいです。
    お兄ちゃんの置かれた状況に、つい先日の川崎の事件を思い出しました。こんな世界は、たくさんあるのだろうな。
    ほのかが置かれた五人グループがすごいリアルで胃がキリキリしたわ。私も余る一人でした。
    ただ、終わり方がちょっと不満かもなあとも思います。もうちょっと余韻が欲しかったな。
    井上さんざまぁすぎて。

  • ほのかとお兄ちゃんと龍平の人間関係がとても面白いです。荒れたお兄ちゃんでもいいところを見つけられるほのかは、優しいと思いました。つくも神達も大活躍します。

  • やっぱり屋上で、たばこ吸っていたのはお兄ちゃんだったのか。
    井上さん嫌な人だな。

  • ほのかは古いマンションに父、母、兄と暮らす。
    ある日そのマンションのごみ置き場で放火騒ぎが起こる。
    その日を境に、ほのかのまわりには、奇妙なことが続いた。奇妙なものがほのかに話しかけてくるのだ。ネツケ、フロシキ、キセル、ショウキ様などなど。
    それらは、マンションの隣の古い一軒家の蔵からやってきた「つくも神」だった。

    中学生の兄は、少々グレていて反抗期。
    その理由は、幼馴染の龍平。
    母とは冷戦状態。

    P136「直せば使えるものを捨てるのは、気持ちが悪くないのか?」
    「~~まだ『なっている』わけではないぞ。いや、わしも始めは『なっている』のかと思ったがな。ちがうのだ。」

    なっている→なった

  • 不思議なお話を書くのが好きな作家さんみたいです。あと、岡田淳さんに憧れているのかなと思いました。

  • カエルのネツケ…かわいい。
    中学生のお兄ちゃんがタバコを吸っててびっくり。
    井上さんやなオバサンだな。
    楽しい気分にはならないが、考えるきっかけになる。

  • 物に魂がこもるっていうはなし。
    ぼくの好みではないはなし

  • H.26.12.始め
    小さな頃遊んだモノたちが、あるボヤをきっかけにつくも神となって現れた。そのモノたちは何を言いたいのか。幼い頃の思い出が蘇ると同時に、今の悩みもほどけていく。

  • [ 内容 ]
    マンションの放火騒ぎの翌日、ほのかはエレベーターの中に、こわい顔をした奇妙な置物があるのを見つけた。
    それ以来、ほのかと兄の雄一のまわりで不思議な事件が続く。
    ほのかはなぜか隣の家のおばあさんと土蔵にひかれてゆくが…。
    長い時を経て魂を宿した道具たち、「つくも神」の物語。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 実際に読んだのは文庫版だけれど、前に読んだ単行本を登録してあったので。

    前に単行本を読んだことがあるけれど文庫を見つけて懐かしかったので。単行本を読んだのはもう9年も前らしい…。
    内容はつくも神が出てくることくらいしか記憶になかったので、ので新鮮な気持ちで読めた。

    絵に味がある。
    前に読んだときは児童書だとは知らずに読んだ気がする。

    ですます調の文体にびっくり。
    お兄ちゃんと友達を更正させるために犠牲になったと言えるつくも神たち。
    おばあちゃんが引っ越すか、蔵が丸焼けになって終わりかと思っていたので完全なお別れではないのはよかったけれど、ちょっと寂しい。
    いつか修理してもらって復活してほしい。
    今自分が持っている道具たちもいつか「なる」といいなあ…と思える話。
    使える道具は大事にしたい。

    単行本を読んだ当時、和風ストラップが根付けとしてブームになり始めたころで、この物語の中のネツケも最初は何のことだか分からなかった。
    これを読んだころに根付けストラップを集めるのにはまった記憶がある。

全36件中 1 - 10件を表示

つくも神 (ポプラの森)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つくも神 (ポプラの森)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする