恥ずかしい読書

  • 141人登録
  • 3.52評価
    • (12)
    • (15)
    • (37)
    • (2)
    • (1)
  • 35レビュー
著者 : 永江朗
  • ポプラ社 (2004年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591083888

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
伊坂 幸太郎
有川 浩
白石 昌則
有効な右矢印 無効な右矢印

恥ずかしい読書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 田丸久美子さんの「目からハム」に紹介されていた、節操なしのイタリア男。年齢美醜関係なしの博愛主義者で、彼の女性関係三原則は「いつでも、どこでも、だれとでも♡」と、愛とエロスの洗礼を受けたばかりだったので、本書を開いてすぐ、「いつでも、どこでも、永江読書。」と、書斎で微笑む著者のスナップ写真をみて、つい笑ってしまいました。

    「恥ずかしい」読書。著者の説くとおり、確かに本好きを公言してはいても、自己啓発書、財テク本、ダイエット本、健康本、官能小説、の類を家族友人知人の前で、白昼堂々!読むのはちょっと恥ずかしい。電車で読む本にカバーをかけている方が多いのもそのせいでしょう。

    本書では、著者の読書にまつわる思い出や、笑っちゃう習慣などが、のんびりと紹介されています。別に多読も速読も三色ボールペンも奨励されてはいませんでした。読書家のエッセイ集「私の読書法」を、更にのらりくらりと掘り下げたかのような気ままさで、帯、装丁から、あとがき、解説、参考文献に至るまで、とにかく本の全てを愛してやまない善良な方々にとっては、あ〜他にもこんな変人がいたんだな、とにやにやしてしまう内容なのですが、多読速読実用主義で本を活用し、知識人の読書術にあやかろうという意気込みで本書に挑む方々は「はぁ?何この暇人!」と憤慨するかもしれません。

    洋書輸入販売店勤務の後、雑誌「宝島」の編集・ライターを経て、本職ライターに転身した永江氏。ふむ。何とも自由で漠然とした経歴をお持ちです。著作には、読書術、文章術、インタビュー関連が多く、「書いて稼ぐ技術 」「作家になるには」「不良のための読書術」「不良のための文学案内」「消える本、残る本」「メディア異人列伝」「狭くて小さいたのしい家」などなど。タイトルは大変興味深いのですが、彼のこの、のほほ〜んとしたペースに付き合わされるのは、私はもうまっぴらだと正直思いました。

    「本はどんどん増えていく。持ち主が寝ている間に、もしかしたら本と本とがセックスして、子どもを産んでいるんじゃないかと疑いたくなる。」とおっしゃる程の読書家でいらっしゃいますが、多読の結果、こうなる人 (のらりくらりと話題だけが豊富な永江朗氏) も、ああなる人 (単純明快で一言にがつんと重みがある千田琢哉氏) もいるんだなと、興味深く比べてしまいました。

  • エッセイ集です。
    歯磨き読書、逆さ読み、ブックカバーのこだわりなど、思いもつかないような読書の楽しみ方を発見できました。

  • 索引読書は恩師に教えてもらった読み方に似ていて、ちょっとおもしろかった。

  • 「歯磨きしながら本を読む」「文末だけに線を引く」「ドンキホーテ全巻を読破しようなんて考えない」...など独特の考え方や名言が多く,読書についての固定観念を覆してくれる本.速読とか知的生産とか,肩肘はって読書をしていた中で読んだだけに,とても気が楽になった.

  • 本好きの著者の、本の読み方を語った本。
    楽しく読みました。
    あんな読み方、こんな読み方、どこで読む、どんな時に読む、ホント、いろいろ。
    私ももっともっと読書の時間作れそう、なんて思いました。

    書店巡りの項が、興味深かったです。

  • 逗子図書館にあり

  • 「本書は、本を読むことについての本、本の読み方についての本である。」

    こういう本を読みたかったー!

    人はどんな場所で本を開くんだろう。
    どんなときに本を読むんだろう。
    そんな「他人はどのようにして本と接しているのか」
    という長年のハテナに、著者が丁寧に答えてくれた。

    「本が好きだ!」という気持ちがストレートに伝わってきて
    なんだかとても嬉しくなった。

  • 色々な読書の仕方の話。そうそう、とうなずきながら読んでしまいました。

  • 物書きの作者が本を読むことが多いので、本の読み方というよりどんな風に読んでるかとか本にまつわるエッセイだった。
    本が好きなのが伝わってくる。ユニークなのは歯磨きしながら読むなら読んでもわからないくらい難しい本にしている。とか、散歩には本を持っていくと公園で休んでいても怪しまれないとかそんなはなし。
    読みやすい文章。

  • 全体的にへぇ~で終わってしまうような内容だった(本の装丁、本屋のこと、目にいい読書)。著者のやわらかい雰囲気に好感。

全35件中 1 - 10件を表示

恥ずかしい読書に関連する談話室の質問

恥ずかしい読書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恥ずかしい読書を本棚に「積読」で登録しているひと

恥ずかしい読書の作品紹介

時間がない、お金がない、は理由になりません。難しい、面白くない、も理由になりません。本は、いかようにも読めるのです。いつでも、どこでも、読書する。哲学書から官能小説まで、読書する。ひっそり、ふむふむ、読書する。「読書」という淫靡な快楽を徹底追求したら…こんなことになってしまいました。

ツイートする