源平盛衰記〈巻の3〉滅びゆくもの

  • 10人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 三田村信行
制作 : 若菜 等  Ki 
  • ポプラ社 (2005年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591084113

源平盛衰記〈巻の3〉滅びゆくものの感想・レビュー・書評

  • 波乱の時代を生きた平清盛・源頼朝、そして源義経の活躍を描いた源平盛衰記です。
    義経の活躍は特に巻の三「滅びゆくもの」に書かれています。源平合戦もじっくり書かれています。
    義経の最期は王道に書かれているのですが、やっぱり感動します。義経と弁慶の最期の別れの言葉、そして義経の最期の言葉が静への想いだったのもじーん・・。

    巻の一〜巻の三まであります。

全1件中 1 - 1件を表示

三田村信行の作品一覧

三田村信行の作品ランキング・新刊情報

源平盛衰記〈巻の3〉滅びゆくものを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

源平盛衰記〈巻の3〉滅びゆくものの作品紹介

源氏に都を追われ、屋島に逃れた平家は、かつての栄華をとりもどそうと必死の戦いをつづけるが、やがて義経の前に追いつめられ、壇ノ浦で最後をむかえる。しかし、平家をほろぼした英雄・義経を待ちうけていたのは、さらに非情な運命だった…。平安の末期、激動の時代を生きぬいた人間たちの戦いの物語『源平盛衰記』。感動の最終巻。

源平盛衰記〈巻の3〉滅びゆくものはこんな本です

ツイートする