怪人二十面相 (少年探偵)

  • 563人登録
  • 3.81評価
    • (52)
    • (73)
    • (78)
    • (4)
    • (2)
  • 67レビュー
著者 : 江戸川乱歩
制作 : 藤田 新策 
  • ポプラ社 (2005年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591084120

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
宮部 みゆき
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

怪人二十面相 (少年探偵)の感想・レビュー・書評

  • 子供のころに完全読破した江戸川乱歩の名作、怪人二十面相シリーズの第一作です。先日読了した【ビブリア古書堂の事件手帖】の中に、少年探偵団をテーマにしたお話があり、それに触発されて購入しました。(笑)
    確か、この作品を初めて読んだのは小学校3年生くらいの頃だったと思うのですが、とにかくワクワクドキドキしたことを、今でも鮮明に覚えています。そして、時を経て今読んでみての感想は・・。
    全く変わらず、今読んでもすごく面白かったです!
    決して人を殺さない怪人二十面相は、悪人なのですが、ヒーロー要素抜群で、めちゃくちゃ魅力的!ちょっとドジな部分があるのがまたいいんですよね。^^ 時代を超えて、大人から子供まで楽しめるエンターテインメント活劇です。

  • 『「き、きさま、いったい、な、何者だっ。」
    二十面相は、追い詰められた獣のような、うめき声をたてました。
    「わしか、わしは羽柴家のダイヤモンドを取り返しに来たのだ。たった今、あれを渡せば、一命を助けてやる。」』
    盗んだ仏像が動きだし、二十面相にピストルを突き付ける。

    ここに、仏像がピストルを持つというタブーを見た。仏像に変装したのは小林少年。

    今後は合掌だけでなく、手を上げることも頭に入れておこう。。。

  • 甥の誕生日プレゼント 1/3冊目。
    初めて読んだが面白い!怪盗二十面相と、初めて対峙する明智小五郎と小林少年。そして少年探偵団の結成の巻。これはワクワク感いっぱいです。
    私が実際に読んだのはポプラクラシックだが、こちらは小学生の頃、背表紙の絵が怖くて手に取れなかったので、今まで読んだことがありませんでした。でも、中の挿絵が良くて、明智探偵がカッコいい!

  • ビブリア古書堂に感化されて購入。
    元祖!って感じ。
    覚えてないけどたぶん子供のときにも読んだんだろうなぁ。

  • はじめて江戸川乱歩読んだ!スラスラと読めて楽しかった。シリーズ読み進めたい。

  • 怪人二十面相と少年探偵団が対決するところがオススメです。

  • 小学生のころにはまってシリーズ全巻読破しました。なつかしい。

  • ピッポちゃん!

  •  「うちの子、本を読まないんだけど、どうやったら本を読むようになる?」
     ここでレビューをお書きになっている方なら、一度はされたことがあると思います。

     私が本を読むようになったのは間違いなく親父の影響です。
     わが家は本に関しては割りと何でも買ってくれる家でしたし、仕事から帰ってきた親父が晩に僕らを連れて本屋に行くこともよくありました。
     もちろんそういうことも影響しているとは思います。が、僕の記憶の原風景には、リビングで寝っ転がって本を読んでいる親父の姿がありました。特に僕と弟がアニメを見ている後ろで本を読んでいたのが印象に残っています。

     親父は興味の赴くままに色々読んでいたようですが、一貫して好きだったのは推理小説でした。
     僕が小学校に上がったくらいだったと思います。あるとき、江戸川乱歩を読んでいた親父に「何読んでんの?」と聞いたら、親父はこんなことを教えてくれました。
    「この江戸川乱歩というのは、日本に推理小説を持ち込んだ一人やねん。この変な名前は、エドガー・アラン・ポーという外人の作家の名前に漢字を当てたもんなんや」
     この話が妙に頭に残っていたので、学校の図書館で江戸川乱歩の少年探偵シリーズを見つけたとき、手に取りました。
     親父に見せるつもりで持って帰ると、親父は怪人二十面相と明智小五郎の話をしてくれました。その話に興味がかき立てられ、初めて小説を読んだのが本書、というわけです。
     それから何冊か少年探偵シリーズを読んだ頃、ちょうどクリスマスの時にいつもプレゼントをくれる伯父に江戸川乱歩を読んでいる旨、手紙に書きました。すると伯父はその年のクリスマスプレゼントに、図書館にあるのと同じハードカバーの少年探偵シリーズを10冊、贈ってくれました。

     この間、書棚を整理しているとその少年探偵シリーズが出てきて、懐かしくて本書を読み返してみました。

     改めて読んでみてビックリしました。
     放送禁止用語連発じゃないですか!(笑)
     カットしようにも、話の構成上「き○がい」と「乞食」が出てこないと話が進まないので無理です。
     文庫化された際にどう修正されているのか確かめましたが、前者は「気がちがったのか」と動詞化されており(それで何ほど違うのかがよくわかりませんが…)、後者はそのままでした。確かに、そこだけルンペンないしホームレスと書き換えてあっても違和感だけが増大します。

     逆に、大人になっても相変わらずわからないのが、二十面相が来ているロシアの「ルパシカ」という服です。画像検索をかけても、だぼっとした東欧の大黒様みたいな服もあれば、オシャレなイケメン野郎のカーディガン画像が出てきたりと、余計わけがわからなくなりました。

     あと、夢中になって読んでいた小学生の頃は、少年探偵シリーズを「推理小説」だと思って読んでいましたが、全然違いますね。
     江戸川乱歩の思惑としては、日本に推理小説を根付かせるためには、まず子供に推理小説っぽい冒険小説を読ませるのが良い、という狙いで少年探偵シリーズを書いた、と聞いたことがあります。それはなるほどと思うのですが、それにしても、小説で変装をテーマにするのは、よくよく考えるとシュールです。わかるわけないじゃん!(笑)


     色々書いてきましたが、未読の方には特にご一読をオススメします。大人が読んでも充分楽しめると思いますよ。

  • 小林くんの働きが良い

  • 名探偵コナン好きにはぜひ読んでもらいたい作品です。
    話自体は古典的な物語ですが、主人公の明智小五郎は誰もが尊敬する名探偵で名探偵コナンに出てくる毛利小五郎とは真逆のタイプであったり、その弟子である小林少年とコナン、怪人二十面相と怪盗キッドを比較して読むと面白く子供から大人まで誰でも楽しめる作品です!

    蔵書なし

    (chipusan)

  • 小学6年生のころ読んだ。
    校舎の3階の、会談のすぐ近くの本棚。

    難しくて全然理解できてないのに、置いてあるシリーズの半分くらいは読んだ気がする。意地かな。笑

    工作の時間に、透明人間がコンセプトだったかなあ、人の一部を作ってそれで場面を作って写真を撮る、、、?みたいなのがあった。その時に、ちょうどこの本を読んでいて、このシリーズの不思議さとか不気味さを出したくて、この本が置いてある本棚に人が手をかけているような場面を作った。

    本にめっちゃ影響受けてたなあ。
    ファンタジーとかフィクションとかばかりだけど。

  • 改めて読むのは初めてで、最後にはちゃんと捕まると知らなかったので、明智くんに負ける怪盗が何だか可愛いです。きっと冷や汗たらたらで、手を握られてるときにどんどんびちゃびちゃになったのではと思うのですが。しっかりしてるのかと思いきや詰めが意外に甘い怪盗に愛着が湧きます。

  • いわずと知れた古典的作品。名探偵明智小五郎と、助手の小林少年。そして宿敵、怪人二十面相。

    「怪人二十面相」は自在に変装して、如何なる人物にも完全になりきる術を持つ。なので、ほぼなんでもありの展開。
    実業家 羽柴氏の大邸宅、修善寺近くの美術城、東京駅内ホテル、国立博物館、と予告窃盗や対決の場が次々に展開。明智と二十面相のやられてはやり返す応酬。

  • ひいいいいいいいいいいいいいいい

  • 江戸川乱歩といえば…の作品の一つとして、「少年探偵団」は外せない。明智小五郎と小林君率いる少年探偵団の一作目。
    子供なら胸躍らせる展開で、この作品が切り開いた推理小説文化は限りない。
    ただ、いざ大人が読むとご都合主義が目立つために退屈かもしれない。
    乱歩ファンの自分としては、「D坂」や「吸血鬼」で現れた魅力的な登場人物たちに再び会えて嬉しかったし、このシリーズでは世界のミステリに詳しい乱歩のいろいろな発想が見られるため、年内には読破したいと思った。

  • 小学生の時にワクワクしながら読んでいた江戸川乱歩の作品を再読。いま改めて読んでみると怪人二十面相(怪盗キット)を良いところまで追い詰める明智小五郎(コナン、名前は毛利小五郎似)がよぎる。怪盗キットと怪人二十面相の共通点は変装が得意、ひとを殺さない、狙うものは宝石や絵画などで現金は狙わない、予告文を必ず出すところなどほぼ二十面相=怪盗キット!!
    展開も「あ、これは手下の変装かも」「これはまさか怪人二十面相かも…」「ほら〜やっぱり〜」という感じで改めて読むと分かりやすくて簡単なのに小学生の私はドキドキだったのを覚えてる
    小林少年の探偵ななつ道具の中のひとつ相棒の伝書鳩のヒッポちゃんを心配してる場面が小学生っぽくて可愛い。

  • 少年探偵団結成の巻。
    記憶では小林少年登場のときにはすでに探偵団がいたような気がしていましたが記憶違い。

    新装版の挿絵でも、仏像がにゅっと拳銃を突き出すくだりは空恐ろしいです。

  • 学校図書館蔵書。
    4年生あたりの子どもが年に1人か2人、ハマるので、読んでみました。
    新装版ではないけれど、私も昔図書室でよく読んだなぁ。
    新装版は、フォントや行間などとても読みやすく、ソフトカバーなので持ちやすいです。
    内容は、読んでる先から予想がついてしまうんだけれど^^;
    やっぱりこれは大人になってから本当に楽しむのはキビシイかな。文章にも時代を感じてしまうけれど、子どもにはオススメできると思います。

  • 少年探偵シリーズ第1弾。

    コナンとキッドとの対決の原点を見た気がした。

    変装名人というのは面白いけど、考えようによっては実にズルい設定だ。
    二人の対決をもっと読んでみたい。

  • 初・怪人二十面相。
    子供用に借りてきたけど、とても読みやすく、大人でも十分楽しめる。『美術城』は怪盗ルパンに酷似したストーリーあり。

  • 顔を20も持つ、「怪人二十面相」現る!

  • 私と江戸川乱歩の初対面でした。
    叔母が買ってきてくれた。
    途中で買うのをやめてしまった気がする…

  • [もふもふ芋] 読んでみないと分からない面白さ。どれくらい面白いかっていうと、とーっても面白いです。とーっても。
    わくわくします!! シリーズ物です。

    佐賀大学:もっぴー

  • 子供の頃、どれだけ夢中になって読んだことか。そして、今読んでも十分におもしろい。

全67件中 1 - 25件を表示

怪人二十面相 (少年探偵)に関連する談話室の質問

怪人二十面相 (少年探偵)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

怪人二十面相 (少年探偵)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

怪人二十面相 (少年探偵)を本棚に「積読」で登録しているひと

怪人二十面相 (少年探偵)のAudible版

怪人二十面相 (少年探偵)の単行本

ツイートする