ルパン対ホームズ 怪盗ルパン 文庫版第3巻

  • 74人登録
  • 3.55評価
    • (6)
    • (8)
    • (15)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
制作 : 藤田 新策  Maurice Leblanc 
  • ポプラ社 (2005年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591085288

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ルパン対ホームズ 怪盗ルパン 文庫版第3巻の感想・レビュー・書評

  • ワトソンさん災難に遭いすぎの回。
    なんでそんな役回りばかり…。
    これまたルブランさんが折角変えたホームズの名前を、南さんがしっかり元に戻して、ちゃんとルパンとホームズの対決になってます。
    原作のホームズさんより常識人なのかもしれない。

  • 面白い!楽しい楽しい活劇です。
    聖典ホームズとの違いをいろいろあるけどそこには目をつむり(笑)、ただ純粋に物語の面白さ、ルブランのホームズ愛、そして南洋一郎の優しくて温かみのある翻訳を楽しめる至福の読書時間が過ごせませた。

  • おそらく小学生の時に読んでいたはずなんですけど、見事にきれいさっぱり忘れていました。僕はホームズ、ルパンはあまり読んでいなかったんですよ。特にホームズには何故か苦手意識があったんですね、今回この作品を読んで判りました。ここに出てくるホームズがものすごく嫌な奴なんですな。いや、ルパン譚に出てくるホームズで悪印象もつのもどうかと思いますが、そこは子どもなもんで。
    改めて読んでみると荒唐無稽な物語ですな。南洋一郎によってそのように翻案されたとは聞きますが、推理だトリックだというよりも力技のオンパレード。それでも面白く読んでしまうのですが。ルパンもカッコつけている割に大人げない処があったり。そこが魅力にもなるのでしょうが。

  • ポプラ社より、ルパン誕生100年で発行されています。昔はハード表紙だったんですが。
    訳はおなじみ南洋一郎さんです。私のアルセーヌルパンの原点です。全巻そろえたい。

全5件中 1 - 5件を表示

南洋一郎の作品一覧

南洋一郎の作品ランキング・新刊情報

ルパン対ホームズ 怪盗ルパン 文庫版第3巻を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ルパン対ホームズ 怪盗ルパン 文庫版第3巻を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ルパン対ホームズ 怪盗ルパン 文庫版第3巻を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルパン対ホームズ 怪盗ルパン 文庫版第3巻を本棚に「積読」で登録しているひと

ルパン対ホームズ 怪盗ルパン 文庫版第3巻はこんな本です

ツイートする