(1) 3だいの機関車 (汽車のえほん (1))

  • 83人登録
  • 3.23評価
    • (2)
    • (6)
    • (15)
    • (2)
    • (1)
  • 12レビュー
制作 : レジナルド・ダルビー  桑原 三郎  清水 周裕 
  • ポプラ社 (2005年3月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591085646

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかの ひろたか
A.トルストイ
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
馬場 のぼる
有効な右矢印 無効な右矢印

(1) 3だいの機関車 (汽車のえほん (1))の感想・レビュー・書評

  • トーマスの原画展(八王子市夢美術館)を見て、ストーリーを全然知らない事に気付いて読んでみた。
    父親が病気の息子に語ったおはなし、という他愛のない、でもホッとする感じがとても良かった。いいヤツもイヤなヤツもいて、ちょっとしたハプニングがあって、でも最後は丸く収まるという。今までちっとも興味なかったのに、続きも読みたくなりました。
    おはなし毎に、ページの下の機関車がちょっとずつ前に進んでいるのもかわいい。
    ていうか、機関車トーマスとして有名なのに、トーマスまだ出てこないのねΣ ゚ロ゚≡(   ノ)ノ エェェ!!

  • こどもが最近好きなトーマスシリーズ、1巻。
    エドワード・ゴードン・ヘンリーの三人の話。
    トーマスは1巻には出てこないんだなっていう衝撃。

    最初の頃は話が長いにも関わらずじっときいていたが、だんだん先を促すようになって勝手にページをめくったりするようになった。
    好きな絵とかあるみたい。
    なんとなく話の流れはわかるのか、絵で伝わるところは伝わるのか、わぁーとか、おおーとか、言いながら楽しそうに自分でみてる。
    読みきかせはなんとなく要約したり絵の説明してるような文だけ読んでみたり。
    まだ2歳くらいなのでもう少しわかるようになると、もうちょっと楽しめるのかな?


    エドワードのたのしい一日
    いばりんぼうのゴードン
    なさけないヘンリー
    なかよしになった三だい


    あらすじ
    五台の機関車の中で一番小さいエドワードはいつもからかわれるが、久しぶりに走ることになり楽しく走るが、寝坊してサンドイッチを持って走ってくる車掌にハラハラ。
    ゴードンは大きいのでりっぱな客車を引くんだぞといばるが重たい貨車をたくさん引くときもあるよ。
    ヘンリーは自分の緑の車体がお気に入りすぎて雨が嫌いで、ついにはトンネルに入って出てこなくなったので、周りを固めて閉じ込めてしまった。
    ヘンリーがトンネルに籠っている目の前で、ゴードンが故障してしまう。エドワードが助けようとするが小さいのでできない。ヘンリーにやってもらうことになり、ヘンリーは汚れるのを嫌がるより汚れたら洗えばいいと思うようになる。

  • 1歳9か月
    トーマス熱が上がってきたためこの本の絵だけでなく文も読んでみたところ、長い文章なのに最後まで熱心に聞いている。

    2歳9ヵ月
    ゴードンって、いいやつだなぁ・・・。

  • おーたん(3歳10ヶ月)が選んだ本。

    汽車のえほん1
    ということで、エドワード・ゴードン・ヘンリーが出てきます。
    ヘンリーが最後にボディをを青色に塗り替えたという記述が出てきますが、ヘンリーのキャラっていつも緑色だよね?と疑問が。。。

    ちなみにエドワードは「青に赤のしましまに塗ってもらった」というくだりがありますが、最初からそうだよね?と。。。

  • 2歳4ヶ月の終わり(2012年12月頃)から、テレビアニメをきっかけにトーマスシリーズに熱中し始める。この本が最初。毎日毎日、トーマスシリーズを読んでいる。

  • ご存じ「機関車トーマス」の絵本版
    息子が大のトーマス好きなので借りてみましたが
    文が多いです。
    で、これで終わり??みたいなのもあります。
    それでも、機関車の絵がでてくるだけで息子は嬉しいみたい。

  • いわゆるトーマスの話ですね。
    絵本より動画の方が先だったから、
    なかなか絵本のよさを感じられない・・・

  • この本は夫が息子に読んでくれました。
    一冊に短いお話が4つ収められています。
    挿絵が劇画タッチで、少々怖いぃぃぃ。

  • 子供がトーマスに興味をもちはじめたので,アニメの絵に感化される前に読ませようと思って買った本。昔はもっと厚い本だったような気がするが,自分が子供だったせいかもしれません。エドワード,ゴードン,ヘンリー(緑色だったのに最後は青色になります。)が登場します。ジェームスらしき機関車も登場します。昔のシリーズには,どの機関車がどの本に登場するか書いてあったような気がします。子供は,トーマスが出てこないにもかかわらず,挿絵をさして,これトーマスときいてきます(かわいい)

  • くもんすいせん図書2A(年長レベル)33/50

  • これは機関車トーマスの原作シリーズ絵本です。うちの子にはテレビなどのメディアは与えていないし、キャラクター絵本などもできるだけ避けるようにしていますが、これは違います。文章がきちんとしていますし、かなり難しい言葉も入っています。一つの絵に対して文章が長いので年齢が小さい子だと無理かなぁと思うのですが・・・ところがどっこいうちの子の様に乗り物大好き・電車や機関車が大好き・もちろんトーマス大好きな子もみんながはまってしまう本です。うちの子も1歳の頃かなぁ・・・でも2歳では確実に全編集中して聞いていました。意味のわからない言葉は3歳の今でも出てくるので、時々解説をつけながら読みます。63ページすべてを一気に読むよう強くせがみます。

  •  内容が面白いです。1号に読み聞かせています。機関車に顔がついていて、その表情も楽しいです。ちなみに2号は絵を楽しんでします。

全12件中 1 - 12件を表示

(1) 3だいの機関車 (汽車のえほん (1))に関連する談話室の質問

(1) 3だいの機関車 (汽車のえほん (1))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

(1) 3だいの機関車 (汽車のえほん (1))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(1) 3だいの機関車 (汽車のえほん (1))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(1) 3だいの機関車 (汽車のえほん (1))を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする