かいけつゾロリの大どろぼう (37) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)

  • 342人登録
  • 3.82評価
    • (27)
    • (17)
    • (31)
    • (2)
    • (2)
  • 18レビュー
著者 : 原ゆたか
  • ポプラ社 (2005年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591087343

かいけつゾロリの大どろぼう (37) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブルルーブル美術館のタダ券につられ、美術館に入るゾロリ一行。ところが、経営者は様々な方法で金を取る悪党、ブルル製菓のブルル社長だった。画して展示されていたモニャリザを盗もうとするゾロリ一行に数々の罠が待ち受ける。

  • 怪盗ゾロリっぽい怪盗の話。

  • [墨田区図書館]

    「かいけつゾロリ」シリーズの第37巻。
    今回はまるで義賊のようなお話。以前「めいたんてい」の温泉宿で出てきたモグラのグラモに一杯食わされて、盗もうと思ったら既に犯人扱いされてしまう羽目になったゾロリ一行。いつぞやの名探偵ぶりを発揮して無事解決できて良かったね。

  • 練習で描いたモニャリザの絵をうまく使ってる~。

  • 表紙に先生 途中に奥様発見!

  • え?にせもの?せっかく盗んだのに!

  • ゾロリは、悪いと思った。

  • ブルルーブル美術館にモニャリザを盗みに入るゾロリ一行。
    けれど、宿敵グモラに先取りされてしまう。
    実はグモラは若い画家を雇って練習と称して偽物を作らせていたのだった。
    最後はなんとかグモラを警察に引き渡す。
    最後はブルル社長は偽物美術館として美術館で集客するのだった。

    ゾロリの37番目のシリーズ。
    すごいシリーズが出ている…。

    ブルル製菓ブルル社長とか、グモラとか、既に登場してうるキャラらしくつながりを知っていないといまいち楽しめない展開だったかも。

    最後に逃げるグモラを邪魔した赤い飛行機の乗り手が誰なのだろう…。

    本物のモニャリザの絵を探すというさがしもの要素もあった。
    いろいろな美術作品が変な風に改変されていて元を知っていると笑えた。

  • ゾロリが盗んだ物は、偽物だった。

  • ・イシシとノシシが、いっぱいおかしをふくろに入れていたところが、おもしろかったです。
    ・グラモというもぐらがぬすんだモニャリザの後ろにはり紙をつけた。それから、はん人をゾロリにした。ノシシがびじゅつ館からにげてきて、ちょうこくにはまったが、ぬけれなくて、とうとうおならでぬけだしたことがおすすめです。かいけつゾロリシリーズがすきな人はこの本を、よんでください。
    ・低学年の小さい子供でも、楽しみながら本を読むことができます。

全18件中 1 - 10件を表示

原ゆたかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

かいけつゾロリの大どろぼう (37) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)はこんな本です

かいけつゾロリの大どろぼう (37) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かいけつゾロリの大どろぼう (37) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かいけつゾロリの大どろぼう (37) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かいけつゾロリの大どろぼう (37) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)を本棚に「積読」で登録しているひと

かいけつゾロリの大どろぼう (37) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)の作品紹介

ブルルーブル美術館で「モニャリザ」の絵が盗まれた。犯人はゾロリなのか?

ツイートする