ちびっこ機関車パーシー (汽車のえほん)

  • 28人登録
  • 3.46評価
    • (2)
    • (2)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : レジナルド ダルビー  桑原 三郎  清水 周裕 
  • ポプラ社 (2005年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591087893

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかの ひろたか
酒井 駒子
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ちびっこ機関車パーシー (汽車のえほん)の感想・レビュー・書評

  • 汽車のえほんシリーズ11巻。

    生意気でいたずら好きなパーシーが、最終的に英雄かというくらいよく働く機関車になってた。
    ハロルドは初登場なのかな。
    順に読んでないのでよくわからず。
    だからあらすじメモしてるんだけど。


    パーシーと信号
    パーシーとダック
    パーシーとハロルド
    パーシーとこうずい

    あんまりうまくまとめられなかったけど
    あらすじ
    パーシーは大きな駅の操車場で働いていて、おどけものでいたずらが大好き。働き者のゴードンやうぬぼれ屋のジェームスにいたずらをし、さかさま信号に気をつけろと嘘をつかれ、パーシーは間違えてしまった。みんなに笑われたがパーシーはあんなことで笑うなんておかしな機関車だと思った。
    しかし、ふとっちょの局長からパーシーの手助けにダック(本名モンタギュー)が来ると言われたが、そのことを皆に言っても信じてもらえなくなっていた。ダックはおおらかで、ジェームスもゴードンとヘンリーがあひるの鳴き真似でからかっても澄まし顔。やがてダックもパーシーも同じように皆から命令されるようになり、ダックは反撃し、局長の命令しかきかないと毅然とする。
    トーマスの支線のみなとで働き始めたパーシーは、トビーとともに、ヘリコプターのハロルドにバカにされ最初は反発を感じていたが、競争で勝ち、勝利の歌も作ってもらって溜飲がさがった。
    ある日、パーシーは日曜学校のこどもたちを乗せたアニーとクララベルを引いていたが、途中で大雨と洪水に出会い、機関士たちとパーシーの努力と気合で、洪水の水の中を脱出した。局長に役に立つ機関車だと褒められ、感無量。

  • 娘4歳8ヶ月、息子1歳11ヶ月時、図書館で借り

    息子お気に入り、トーマス絵本。
    特にパーシーが好きな息子にとって、この絵本はとってもお気に入り。
    相変わらず、娘にとっては全然面白くないみたい・・。

全2件中 1 - 2件を表示

ちびっこ機関車パーシー (汽車のえほん)の作品紹介

ゴードンは、パーシーにいいました。「ジェームスとおれさまは、のりかえ駅の信号のことをはなしていたんだ。信号にはよくよくちゅういしないといけないからな。もっとも、おまえさんみたいなほんとうにやくにたつ機関車には、いまさらいうことでもないがね」「もちろんさ」パーシーは、とくいげにいいました。「ぼくたち、『さかさま信号』のことをはなしていたんだよ。あれには、とくにきをつけなくちゃいけないからね。きみもききたいかい?」ジェームスがくちをはさみました。「いや、いいよ。信号のことならなんでもしっているから」パーシーは、えらそうにでていきました。ジェームスとゴードンは、すましたかおで、目くばせをしあいました。

ちびっこ機関車パーシー (汽車のえほん)はこんな本です

ちびっこ機関車パーシー (汽車のえほん)の単行本

ツイートする