あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間)

  • 546人登録
  • 4.21評価
    • (129)
    • (60)
    • (68)
    • (2)
    • (1)
  • 79レビュー
著者 : 宮西達也
  • ポプラ社 (2006年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591089842

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間)の感想・レビュー・書評

  •  マイアサウラのお母さんが自分のものとは違う卵を見つける。優しい子になりますようにとハートと名付けて育てていくが、みんなの嫌われ者のティラノサウルスだということが判明。
     それでもハートのことが大好きなマイアサウラのお母さんと、自分がティラノサウルスだと気付いたハートのとった行動とはいかに。我が子のようにハートを育てるマイアサウラのお母さんの深い愛情と、大好きなお母さんの元を去るべきか迷う子供心に感動しました。

  • これはもう涙なくしては読めない絵本です。
    母親の子供に対する分け隔てのない愛情が
    書かれていると思います。
    血はつながっていなくても、離れて暮らすことになっても
    親子は親子。
    ものすごく素敵な絵本だと思います。

  • 愛情に感動して泣いてしまった

  • みにぴ ミク氏 2011.04.23

  • ティラノサウルスとマイアサウラのお話。

    外見が違うこと。
    親子の愛情。

    子どもが大きくなってからも、親子で読みたい本です。

  • ハート!もしかして、あのティラノサウルスはハートなの?

  • ハートの優しい気持ちに涙した

  • 親子泣き。坊主がウルウルするなんて我が家的には一面トップ級のニュース。

  • 大人も泣ける絵本だそうだけど、むしろ大人「が」泣ける大人向きの本だと思う。
    娘が図書室で読んで気に入ったから「お母さんにも読ませてあげる」と借りて帰ってきたけど、「ここは泣いちゃうねぇ」と言ったら「え?これ別に(感動して)泣いちゃう絵本じゃないよ?」と言っていたので、子どもの心に響いたのは大人が「泣ける」と思っている部分ではないのかも。

  • マイアサウラに育てられrたティラノサウルスのハート。
    大人になって別れがやってくるお話。

    切ない。
    母親目線で読むと泣けてくる。
    ハートに噛まれてもじっと我慢するティラノサウルスのおじさんにも泣けるし。
    タイトルが良いよね。
    大人向けの絵本かな。

  • 【経緯】
    表紙とタイトルが良くて

    【書き出し】
    むかしむかしおおむかし。
    あらしのすぎたあさ、
    はやしのなかで
    マイアサウラのおかあさんが、
    ちいさなたまごをみつけました。

    【感想】
    •図書館で泣きそうに…
    久しぶりに素敵な絵本に出会った。
    •村山由佳が「絵のない絵本」で似ているお話を書いていて、そっちはじぶんの肉を食べさせる母恐竜の話でそれもグッときたな…
    •草食獣も肉食獣もそれぞれに子がいて、子がいないと悲しむのはどちらも同じなんだということが描かれているのが良い

    【共感】
    天敵よ肉食獣の赤ちゃんを一旦は捨てようとするけど出来ないという母の葛藤

    【引用】
    あなたはわたしのたいせつなこ、わたしのたからもののハートよ

    【絵】
    昔は繊細さとか可愛さを絵本のイラストに求めていたけど、最近は少し無骨だったり味のある絵の絵本にグッとくるようになった

  • このシリーズを読み始めたきっかけは、映画「ずっとあなたを愛してる」に感動し、原作がないのか探したこと。それで出てきたのがこれ。評判が良さそうだったから読んでみた。

    自分のルーツは大事だ。

  • [墨田区図書館]

    育ての親と実の親。草食恐竜と肉食恐竜。この二種類の対比が出てくるこの本は、二者間だけのドキドキ以上のものを含んでいます。以前にも読んだことがあるような気がしたけれど未登録。親になった今、なおさらこの切なさが身に沁みます。

  • マイアサウラのお母さんが落ちている卵を拾って、自分の子どもと一緒に育てる。
    生まれてきたのはティラノサウルスの子どもだった。
    けれど、自分の子にはライト、ティラノサウルスの子どもにはハートという名前をつけて同じように育てる。
    あるとき、ライトが他の恐竜から、ティラノサウルスについて話を聞く、その姿がハートに似ているから、まるでハートみたいと言うとお母さんはすごく怒る。
    そして、またあるとき、ハートはティラノサウルスと出会う。
    実はそのティラノサウルスがハートの本当の親だったのだ。
    自分はお母さんの子だよね、と確認をするハートだけれど、自分が実はティラノサウルスであることに気付いてしまい、お母さんの元から姿を消す。
    お母さんが、いつもハートが取って来てくれる赤い実のなる木のところに行くと、赤い実がどっさりあり、お母さんはもうハートと会えないことを知ったのだった。
    離れていても私はおまえとずっとずっと愛している、と。

    ティラノサウルスという肉食の生き物が他の恐竜を食べないと生きていけないのは仕方がない。
    もう一緒にはいられないけれど、親子の愛は不滅。

    ハートがティラノサウスルと出会って、本来の自分を取り戻し、目がつり上がっていくのが怖い。
    ティラノサウルスとして生きていくにはそうなるしかないんだろうなあ。

    このシリーズを読んでいるといろいろな恐竜の名前を覚えられる。

  • 最後に涙が止まりません。

  • 平成24年2月10日 4年生。

  • あのティラノサウルス出生の秘密。

  • はじめて読んだ
    宮西さんの絵本がこれ。

    読み聞かせてる側が泣ける。

  • ティラノのお話はほろりと涙。

  • ティラノサウルスの男の子とその母親となったマイアサウラのお話。

    親が子を想う。
    子が親を想う。
    自分よりも相手が大切で、だからこその選択が・・・切ない。

    最初から最後まで、愛情が目一杯溢れている絵本です。

  • いつも泣かせるこの著者シリーズ。子供はどこまでわかっているのか?と思い、ブクログでレビューかかせてみたらこれ→ティラノサウルスからうまれたのに、まいあさうらからうまれたっていっている。

  • 作品世界に入れなかった。
    原色の絵もストーリーも好みではなかったけど、いい話だとは思う。
    「おまえうまそうだな」を最初に読めばよかったかな。

  • これは絵本じゃないですよね~
    ストーリーが温かすぎます

  • マイアサウラのお母さんが拾った卵。
    それは天敵のティラノサウルスの卵だった。
    1度は捨てようとしたお母さんも、ティラノ赤ちゃんの泣き声を聞くと
    2度と離さないと誓う。

    マイアのあかちゃんライトと、ティラノのあかちゃんハートは兄弟のように育った。

    ある日、ごはんである赤い実を取りに行ったハートは、ティラノザウルスと出会う。実は親子の2匹。ハートは自分がティラノだと知る。
    しかし、ハートは今の家族を守るため実の父を倒し、姿を消すのだった。

    ある日お母さんがハートと出会った場所に行くと、赤い実が山のように置いてあった。
    もう会えないけれど、ずっとあなたをあいしてるわ
    お母さんはそう言って赤い実を1つ口に入れた。

全79件中 1 - 25件を表示

あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間)に関連する談話室の質問

あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間)を本棚に「積読」で登録しているひと

あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間)の作品紹介

こころやさしいマイアサウラのおかあさんは、あるひ、たまごをひとつひろいました。じぶんのたまごといっしょに、たいせつにそだてていると、うまれてきたのは…。大人気のティラノサウルスシリーズ第4弾。

ツイートする