黒猫ひじき

  • 33人登録
  • 3.35評価
    • (2)
    • (4)
    • (10)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 西村玲子
  • ポプラ社 (2006年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591091937

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
又吉 直樹
三浦 しをん
三浦 しをん
西 加奈子
小泉 今日子
有効な右矢印 無効な右矢印

黒猫ひじきの感想・レビュー・書評

  • ときにおかしく、ときにほろ苦い、黒猫・ひじきとの暮らしを描いたエッセイ。

    タイトルを見たときに脳裏に浮かんだのは実家の黒猫。次の瞬間にはこの本を手に取ってしまっていた。猫好き人間の心理と行動って、きっと同じだと思う(笑)
    そういえば著者と黒猫“ひじき”はよく会話をしている。もちろんひじきはしゃべれないが、「ひじきならきっとこんなことを言うだろう」という著者の妄想で会話が紡がれていく。私の母も、飼い猫がしゃべれたらこんなことを言うだろうな、面白いな、と話していたっけ。寝るときはすでに布団の上で丸まっている猫をよけて、空いているところに横になるところも同じ。猫だけではなくて著者と母の姿もなんだか重なって見えてきた。

    この本では“ひじき”という黒猫との日々が中心に綴られているが、著者が過去に生活を共にしていた猫たちも回想の中で登場する。猫との出会いと別れを幾度も経験しているだけに、ひじきとの暮らしの中でも「いつかはこの子と別れなければならない」という思いが少なからずつきまとっている。だからこそひじきとの一日、一瞬が愛おしい。
    猫がいるだけで、心がゆるくほどけていく気がする。猫はかわいくて不思議な生き物です。

  • 彼女も猫を飼っていたのね。猫好きがみな揃って本を書く、いや物書きに猫好きが多いということか。

  • 西村玲子さんのファッションセンス ファッション絵が大好き
    時々小顔のネコちゃんがお洋服のモデルになっていたりしますが
    西村さんの猫好きのなせる業だったのですね ここまで猫好きな人初めてです 自分も猫好きなのでずっといい気持ちで読み終えました
    読書と読書のあいだの一休みという感じの本

  • ペットについてのエッセイ。
    どうにもこうにも文体が苦手で途中で挫折。

    【図書館・初読・11/21挫折】

  • 黒猫のひじきと『運命の出会い』をして“共存”する<br>西村玲子さんのイラスト入りエッセイ

全6件中 1 - 6件を表示

黒猫ひじきはこんな本です

ツイートする