きのうのおひさま、どこにいったの? (絵本・いつでもいっしょ)

  • 39人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 薫くみこ
制作 : いもと ようこ 
  • ポプラ社 (2006年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591092804

きのうのおひさま、どこにいったの? (絵本・いつでもいっしょ)の感想・レビュー・書評

  • くまくんはお日さまがずっといてくれたら、あったかいし寂しくないから、と昨日のお日さまを拾いに行く。
    途中でうさぎとサルに出会って一緒に拾いに行くことに。
    でも、お昼を食べてお腹がいっぱいになって寝てしまう。
    気付くとお日さまはもう山の向こうへ。
    もう届かない…。
    くまくんが哀しくなって泣いてしまうと、うさぎとサルがぴったりくっついてあったかくてさみしくない。
    お日さまみたい。
    3匹のほっぺもお日さまみたいにピカピカ光っている。
    明日も遊ぼうね、と。

    裏表紙にもなっている、お日さまがたくさん山積みになっている絵がかわいい。
    くまくんの発想そのものがかわいい。

  • くまくんは、おひさまが大好きでした。
    おひさまがいると、あったかいし、影踏みもできるし、シャボン玉の色だって違います。
    くまくんは考えました。
    山の向こうには、毎日沈んだおひさまが、沢山落ちているはず。そのおひさまを拾いにいこう、と。
    お弁当を背負って、仲良しのうさぎさんとさるくんと一緒に、おひさま探しに出発!
    でも、おひさまは遠くて・・

    おひさまが大好きなくまくんとお友達のほのぼのストーリーです。
    さいきん暑い日が続くので、裏表紙のお日さまだらけの絵を見ると、私は軽くめまいしますが・・・子供たちは、やっぱりおひさまが大好き。
    次男もおにぎり持って、探しに行きたいそうです。(おやつとおにぎりが目当てな気がするけど・・・)
    最後は、おひさまみたいにあったかい、友達のだっこで一件落着。
    読んだ後は、私も子供たちとぎゅ~っとしています。とーたんは、体温が高いせいか、若干嫌がられてますけど・・・(^^;)。

  • 子供の素朴な疑問、お日様が落ちたらどうなるか?を、探しに行こうとしたけれど、頑張ったのにまだまだ遠くに落ちそうなお日様。悲しくなったけれど…友達の大切さに救われるお話。前向きな楽しい本。

  •  くまくんは おひさまが だいすきでした。「だって、ぽかぽか あったかいし、かげふみできるし、ぎょうずいもできる。しゃぼんだまだって、おひさまの いる ひは いろんな いろに ひかるんだよ」
     けれど、きょうも おひさまは にしの おやまに すとんと おちていきました。
     「そうだ! ぼくの おひさま ひろってこよう。おひさま いっこ ひろってこよう」

     くまくんは、おひさまが、きのうもおとといもお山の向こうにいってしまったので、お山の向こうはおひさまだらけだから、一つもらってこようと考えたんですね。そのページには、山のようなおひさまが描かれていて、いもとようこさんの絵がまたとってもかわいくて、みているだけであったかくなります。でもくまくんは、おひさまがきょうも山の向こうにいってしまって、さみしくなったのでした。でも、おひさまみたいにあったかいものがあったよ。

全4件中 1 - 4件を表示

きのうのおひさま、どこにいったの? (絵本・いつでもいっしょ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

きのうのおひさま、どこにいったの? (絵本・いつでもいっしょ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きのうのおひさま、どこにいったの? (絵本・いつでもいっしょ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きのうのおひさま、どこにいったの? (絵本・いつでもいっしょ)を本棚に「積読」で登録しているひと

きのうのおひさま、どこにいったの? (絵本・いつでもいっしょ)はこんな本です

ツイートする