かみさま

  • 127人登録
  • 3.68評価
    • (14)
    • (15)
    • (32)
    • (1)
    • (0)
  • 19レビュー
  • ポプラ社 (2006年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591093078

かみさまの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【展示用コメント】
     古本好きがワクワクする本。

    【北大蔵書目録へのリンク】
    https://opac.lib.hokudai.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&place=&bibid=2001312629&key=B151608327108445&start=1&srmode=0&srmode=0#

  • そうなんだ自分も紙が好きなのかも知れないと思った。
    部屋の中の紙が気になり触ってみたり
    ホッとする懐かしい感じのする本。紙のせいかもと思う。紙ってメッセージなんですね

  • 借りたときはそんなつもりではなかったのですが。なんか微妙につながってますね。
    これはペーパーアイテムへの各人の愛を語った本なのですよ。
    つまり「神様」ではなく「紙様」
    取材対象がまぁ著者の知り合いをたどってるのもあるでしょうが、装幀家やら雑誌編集者やら雑貨作成している人たちで、まぁみなさんセンスがあるんですよね。
    手持ちのものなのに、高いものじゃないのに(紹介しているものの中にはすごく高価なものもありますが)オシャレ、ってのはする人のセンスがものをいうから、簡単そうだからってちょっとまねできないわ……(^_^;)
    ああでも紙ものに弱いという自覚があるので楽しかった♪
    次は文房具本を借りよう…
    ブックデザイン / 横須賀 拓

  • 紙フェチなひとたちの話と、写真を集めた本。

  • 文章、人、写真、すべてが丁寧に選び抜かれた一冊。紙ってやっぱり大好き

  • 「紙」にまつわる人々への取材が面白い。
    人によっては「どーでもいい」紙片への想いに共感。
    小林キユウ氏の写真もいい。

  • いろんな紙モノの本が出ているが、この本が一番好きかも。
    妙にかたよっていないところが特に好き。

  • すごくおもしろかった。
    こんなように紙と、それ以外のものとも接したいと思った。
    紙は私たちの生活になじんでいて
    新しい使い方を見つけてあげるのが難しいと思ってしまうけれど、
    気に入った紙を溜め込んで置くのだけでも素敵なことだな、と思った。

    私なりに、読み終わった雑誌やそれについてる漫画を
    ブックカバーにしてみたら好評だった。
    それを真似したいといてくれた人がいて、
    こんなように気付いてくれるのと、広まっていくのが嬉しい。

  • 紙好き、長野好きにはたまらない一冊。
    マサムラ(松本にある老舗お菓子屋さん)の包装紙が紹介されていて思わずうなずいてしまった。
    写真はこれまた長野に縁のある小林キユウ氏。

  • デジタルでなく、一枚の紙に潜む「かみさま」

全19件中 1 - 10件を表示

大平一枝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かみさまを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かみさまを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする