三四郎はそれから門を出た

  • 1196人登録
  • 3.59評価
    • (102)
    • (203)
    • (326)
    • (13)
    • (5)
  • 253レビュー
著者 : 三浦しをん
  • ポプラ社 (2006年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591093566

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

三四郎はそれから門を出たの感想・レビュー・書評

  • “私にとっちゃあ、読書はもはや「趣味」なんて次元で語れるもんじゃないんだ。持てる時間と金の大半を注ぎ込んで挑む、「おまえ(本)と俺との愛の真剣一本勝負」なんだよ!”

    …す、すいません。趣味は読書とか言っててすいません。

    しをんさんの本への燃えたぎる情熱の炎に、焼かれ死ぬかと思いました。
    ある意味、スポコン並みの情熱です。向かう先がホモ漫画でも。

    本の書評だけでなく、日常のエッセイも盛り込まれていて、いつもながらに笑えるところがたくさん。
    しをんさん、このエッセイ書いたのは20代後半と思われるのに、どんだけ本読んでんだ。
    この中で私が読んだことある本はほんの数冊だった…。
    でも、読みたいなぁというものは見つかってうれしい。
    ちなみに、「三四郎はそれから門を出た」っていいながら夏目漱石は顔を出さなかった(笑)。

    しをんさん、ベストセラーなんてくそくらえ、本に癒しや励ましを求めるな、という漢ぶりだけど、
    貴女、今やベストセラー作家ですから!
    しかも、貴女の本から元気も癒しももらっちゃってますから!
    (↑ギター侍風。ってもう古すぎる?!)

    売れて一番びっくりしているのは、しをんさんなのかもしれない。

  • しをんさーん!!
    本当に、好きです(笑)

    しをんさんの、小説も好きですがやっぱりエッセイは何より好き♪

    エッセイ=真面目な胡散臭いみたいな勝手なイメージがあったので…。

    誰よりも、本が好きで、(失礼だが)腐女子であること♪
    それを、隠さずにさらけ出しているのがまた魅力的。

    そして、しをんさんお勧めの本が沢山詳しくそして面白く書かれていてお得!!図書館で借りたため返却しないといけないがこれは、何が何でも手に入れたい(●^o^●)

    そして、文中で仰っていた
    【一人きりでする行為のように見えて、常にだれかとつながっている。時空も、虚実の峡間も超えて、だから私は、読書が好きだ。 】

    これ、凄い分かります。と、激しく一人で頷く。




    小さな疑問なのだが、しをんさんって、どのくらい本を持ってらっしゃるのだろうか?

  • 本に関するエッセイ集。

    タイトル「三四郎はそれから門をでた」(笑)
    高校のときに呪文の様に覚えた夏目漱石の前期(だったかな?)三部作「三四郎」「それから」「門」。
    なのに、本文中で漱石の作品はひとつも紹介されてないという...(笑)
    タイトルで笑い、本文でも笑い。
    タイトルが中身のおもしろさを、きちんと表しています。安心して楽しめます。

    特に笑ったのは(こんなこと言うと、自分の人間性が疑われるかもしれないが)、「本にはさむもの」です。(笑)
    あれは声にだして笑いました。たぶん、端から見たら気色悪い人でした。

    ドラえもんの話もよかったです。

    ”読書が、悩める人を救うのではない。静かに本を読み、自分を見つめた者自身が、自分を救うしかないのだ”
    三浦しをんさんは、こう言っていましたが、私は彼女のこの言葉に救われました。

  • 紹介された本がものすごく読みたくなります。「読みたい」で登録した本がどんどん増えていく…。私は大半はブクログ上で増やしているだけなのですが、筆者はリアルに本で部屋が溢れているとのこと、この本を読むと無理もないなぁと思いました。また、その読書量に感服します。

  • 自分に近い感覚を持っていらっしゃって、それでいて言い当てられている共感できるエッセイ。「それわかるぅ~」とほくそ笑む。
    世間一般的に、男性2人旅には危ないイメージが付きまとうのですか?初耳ですよ!男性2人旅推進委員会に入りたいです、委員長!もっと増えろと、私も心から願っております。

  • 一通り本読んできて、新しく違うジャンルの本とか読んでみたいけど何がいいかなぁ。と思ってる人にお勧め!
    本屋大賞も受章した三浦しをんの書評エッセイです。
    もともと三浦しをんのエッセイが好きでその延長で読んだのがきっかけでした。
    エッセイでも度々本や漫画の話題が出てくるので予想していましたが、本当にいろんなジャンルの本が出てきます。
    そしてその本を表現する言葉が素晴らしい!!
    本の感想を書くって今こうしてレビューを書いてても『面白かった』とか『つまんなかった』というような言葉くらいしか出てこないけど、この本で語られる言葉は本当に美しいです。

  • 主に本の紹介が大半を占めていた。著者は自分だけだと読む本が偏ってしまうので、電車で隣り合った人が読んでいる本を読んでみるという事をしていた。私はこの本を読んで、三浦しをんが読んでいる本を読んでみる事にした。そうすると、また一つ三浦しをんに近付けるだろうか。

  • 12.04.18入手(学校図書館)

  • なかなか面白かった。
    しをんさんとは本の趣味が合わないので
    ここで紹介されている本を読もうとは思わなかったが、
    もっと読書するかと言う気にさせられる。
    エッセイも面白く何度かくすっと笑ってしまった。

  • 読んでいると片っ端から本を読みたくなった。
    本を読む楽しみが満喫できる本、というとおかしな表現かもしれないけどそんな本。

    三浦しをんの本を読む目線が体感できる。この本を読んでこう思うのか、という若干下世話な気持ちも含めて、批評としても(ある意味)レベルが高いと思う。ある意味、っていうのは、まあ私は好きだけどもしかしたらそうでない人もいるかな、って部分がちらほらあるもので。

    三浦しをんワールドを満喫いたしました。

  • 三浦しをんさんの文章はやっぱり面白い!本に埋もれた感じの生活が少しうらやましーです。
    雑誌などに連載したりしたエッセイで豆腐料理の話しとか、新撰組フェスタの話しとか、本の話しとか、色々あって楽しかったです。

  • この人の文章面白いー。読みたくなった本もあったので、ソッコーでメモ。

  • 本に関する本として、とても良い。

    あらすじなどどうでも良くて、どんな本で、自分はこういう影響を受けた、というのが分かりやすい。
    著者の文章が読みやすく面白いというのが最大のポイントではあるが。

  • 読書が大好きな作者。
    参考になった本がたくさん、
    メモを片手に読了!

  • 本への愛にあふれた一冊ご家族のエピソードも面白い。しをんさんだけじゃないんだ・・・!面白そうな本がたくさん紹介されていて、メモとるのが忙しかった。これから図書館で探します!楽しみ!!

  • 胡散臭さぷんぷんだなぁと敬遠していた作家だが、クールな装丁に惚れた。
    一時間ほどの読書で、くすりと笑えた個所が二、三。
    家族に関するエピソードがよかった。特に弟。
    なるほど家族とは、「耐えがたく、替えがたい」。

  • 三浦しをんさんの楽しいエッセイ。
    2016/6/10

  • ここにもいました活字中毒者。活字中毒の人のエッセイは無類の面白さ。食べながらたいがいは本を呼んでいる。本がないときはチラシでも読んでいる。やはり本が増殖して手を焼いている。書評には愛がないといけない。愛を感じない本には黙して語らずということで取り上げている本には情熱を感じる。
    本以外では半分引きこもりで姉のことを豚呼ばわりする弟との会話が秀逸。
    この本の時はまだ「舟を編む」が出ていない。この後ブレイクするのだ。
    この本を読むきっかけは角田光代の「角田「世界は終わりそうにない」p154から。

  • なかなか面白かった、おススメの本はメモしていつか読むつもりです。

  • 買って良かった。本を読む指南書にしよう。

  •  書評あり、日常エッセイあり、カルチャーレポートありのとってもお得感満載な一冊。お腹いっぱい、だけどもっと読んでいたいなぁと思える読後感。しをんさんの妄想過多っぷりや迸る読書愛は面白くて笑えるだけじゃなく、ふと切なくなったり考えさせられることもあって読みごたえがあった。また、あとがきでしをんさんがおっしゃっている、読書は一人でする行為だけど一人ぼっちになるわけではない、ということに共感すると同時に励まされたような気もする。

  • エッセイは好きなんだけど、どうにも書評が…私には退屈でした。
    しかも読んで「面白そう!読んでみたい!」と思えたものはひとつもなく。
    普通のエッセイが入ってなかったら、読了できませんでした。
    あと、なんとなーくマイナス思考の漂う感じが苦手。笑いに昇華できない分、余計。
    新聞のエッセイが好きだっただけに、驚いてしまった一冊でした。

  • 最初の方は面白かった

  • 本にまつわるエッセイ。

    ダメだこの本。生きているうちに読みたい本がいっきに増える。ますます本に溺れてしまう危険な本。
    私も、金も時間も全て費やして本を読みたい。人間の想像力が成し遂げた奇跡を感受したい。

    2016.11再読

全253件中 1 - 25件を表示

三四郎はそれから門を出たに関連する談話室の質問

三四郎はそれから門を出たを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする