61時間だけのユーレイなんて?―ふーことユーレイ〈5〉 (ポプラポケット文庫)

  • 21人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 名木田恵子
制作 : かやま ゆみ 
  • ポプラ社 (2006年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591094266

61時間だけのユーレイなんて?―ふーことユーレイ〈5〉 (ポプラポケット文庫)の感想・レビュー・書評

  • 和夫と同級生のデーモンこと桂木大門と出会ったふーこ。しかし半ボタンを奪われてしまったふーこは何とか取り戻すけれど、その所為でデーモンは事故に遭ってしまう。不思議なのは、怪我は大したことないのに、意識不明の状態が続いていること… それもそのはず、デーモンは一時的にユーレイになってしまったのだから。ふーこと和夫の関係を知り、詰め寄ってくるデーモン。三日の内に生きる道を選択しないと本当にユーレイになってしまう。つまり、死んでしまうのに…! 90年代の人気シリーズ第五巻。

    やっぱりこういうラブコメものはあて馬が出てくると面白くなるね…! いつもの1.5倍のスピードで読めたような気がする(笑) 見た目だけで言うなら和夫よりデーモンのが好きかも。性格も、ひねくれてるところとかね。ふみこのことを「ふみご」って一貫して呼び続けるところもね。まあ、お母さんが自殺未遂をおこして精神を病んでいたり結構ヘビーだったりするんだけど…苑美のことと言い昔の児童小説はヘビーだな、うん。でも良かった、良かったよ。いつかお母さんと一緒に暮らせるといいね。ふみこと和夫の関係を知った彼は今後のシリーズにも出てくるのだろうか。出てきてほしい。

全1件中 1 - 1件を表示

61時間だけのユーレイなんて?―ふーことユーレイ〈5〉 (ポプラポケット文庫)はこんな本です

ツイートする