書店繁盛記

  • 192人登録
  • 3.36評価
    • (11)
    • (22)
    • (59)
    • (6)
    • (1)
  • 44レビュー
著者 : 田口久美子
  • ポプラ社 (2006年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591094334

書店繁盛記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本屋さんの裏側が見える本。おもしろいけど、大変だ。特に「本屋さんの事件簿」を興味深く読んだ。それにしても、本の置いてある棚の上に座って読む人って…あきれて、ものがいえない。どこにもかしこにも田口さんをはじめとする書店員の、ジュンク堂書店の、良い意味でのプライドが感じられて、それもまたおもしろく読んだ。手に本を取って内容を確認する楽しみは何にも代え難い。時には、書店員のオススメに惑わされるのも楽しい。自分が気がつかなかった視点に気づかされる、だから嬉しい。それにしても、私の好きな長野の平安堂書店にリブロ関係の人がいたとは…地方の書店にしておくのはもったいない、と思っていたけど、やっぱな!(笑)納得。

  • 店長の著者が綴る書店、出版界の変化や販売の方法、書店員の奮戦記。 書店の日常や、その中で起きる小さな騒動などが、ユーモアたっぷりに書かれている。困ったお客様のこと、より魅力的な棚やPOPの作り方、デジタル化が進む書店業界の事・・・。書店の舞台裏をのぞいてみませんか。

  • 書店という商売は、何故か神秘的で崇高で不思議な魅力を秘めている。
    いつもお世話になっているジュンク堂の裏側・本音・秘密にちょっと触れられた気がする。

  • 本の流通や棚づくりなど書店のお仕事について面白く読んだが、この著者の語り口はあまり好きじゃない。

  • 書店員さんの仕事、業界ネタ、苦労、棚の作り方。一般人なので難しいところもあったけど勉強になりました。小売ならではの肉体労働と大変なお客さんなんかは共感しやすい。改めて、リアル書店含め書店員さんを応援したい!
    ただ、エッセイは文章に著者の人柄が出ますよね。内容は興味なかったけどこの人間味が好きだ!、って多い。この本はそこが…。 なんとなーく、文章のときどきに、高飛車?嫌味?な印象を受けました。

  • リブロ、ジュンク堂の勤務経験
    青山ブックセンターの倒産

  • 巨大書店ジュンク堂の副店長さんが書店のドタバタ日常を描いたエッセイ。やっぱりリアル書店は暖かいなあ、とほっこりした気持ちになります。

  • 書店員にも憧れる。図書館司書にも憧れる。力仕事と、理不尽なクレーム対応がいっぱい、というのもわかっているけれど・・・棚作りのこととか、ジュンク堂とその他の書店のこだわりとか。各文学賞のこととか。本屋さんに行きたいな。
    2012/5/27読了

  • ホームページに感想を書きました。
    「リアル書店の悲喜こもごも」
    http://www.ne.jp/asahi/behere/now/newpage023.htm

  • やっぱり本屋が好きです。

全44件中 1 - 10件を表示

書店繁盛記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする