空と海のであう場所

  • 223人登録
  • 3.49評価
    • (23)
    • (25)
    • (61)
    • (7)
    • (3)
  • 43レビュー
著者 : 小手鞠るい
  • ポプラ社 (2006年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591094372

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

空と海のであう場所の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 愛するということは、空っぽの器になること。
    奪うことより、与えることのほうがずっと楽しい。
    色々と考えさせられる。
    また読みたいと思える作品。
    言葉の一つ一つがとても優しい。
    自分の中になかった新しい考え方、価値観を教わったようなかんじ。

  • タイトルと表紙に惹かれて図書館で借りた本。

    読みやすくて、表現もきれいで
    絵本も読んでみたいとおもうほど。

    お気に入りです。とても良かった。

  • 十三歳。三十二歳。施設。童話。挿絵。『小泉今日子書評集』にて。木の葉とアラシの出会いと別れをくり返す恋の話。

  • 16/06/24
    装丁がとってもきれいで思わず手に取った本。タイトルもすてき。

    ・わたしにも、あった。かかってこない電話を見つめながら、一晩中、待っていた日々が。きっと今、本多さんも、そんな夜を過ごしているのだろう。いっそ、コンセントを抜いてしまおうか、携帯電話の電源は切ったままに。そうすれば、かかってくるかどうかを考えなくて済むから。でもできない、そんなこと、絶対にできない、と、胸の中で暴れまわる心を、どうにもうまく鎮めることができなくて、途方に暮れている、ひとりぼっちの夜を。(P113)

  • まずこのタイトルにすごく惹かれた

    木の葉もなな子もアラシも本多さんも熊谷さんも
    みんなひとりひとりがまっすぐに生きている

    みんな離れていたって、今そこにいなくたって、
    ちゃんとつながっているんだってことを感じられるかな

    本の中で登場する「泥棒猫と遊牧民」が本当に良かった
    実際にあるなら子どもに読み聞かせたい

    読み終わってからじわじわと良さが伝わってきて
    もう一度読み返したくなる本

  • 息苦しいほど真面目にアラシを愛してきた木葉。心に傷を抱えたまま大人になったアラシ。
    何度かの出会いと別れを繰返しながらも無二の存在となっていく。作中でアラシが書く童話が並行して進んでいき、物語に深みを増していく。
    最後に、希望があってよかった…

  • 表紙の美しさと、小手鞠さんの作品、といつところに惹かれて読み始めたこの本。

    言葉がきれい!
    途中に出てくるアラシが書いて木の葉が描いた小説読んでみたいなあ。

  • アラシが弱く少し危ない人という印象。私にはよくわからない話だった。

  • 正統派恋愛小説。
    かと言って妙にベタベタした雰囲気がないところが良い。
    なかなか3度目の再会をしないもどかしさも良い。
    遠回りして時間をかけないと分からないことがあるんだなぁと感じた。


    木葉はどんなイラストを描くんだろう。出来上がった絵本を見てみたい。

  • 装丁/名久井直子
    ・作中にでてくる童話「泥棒猫と遊牧民」がすごくよかった。

全43件中 1 - 10件を表示

空と海のであう場所を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空と海のであう場所を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空と海のであう場所を本棚に「積読」で登録しているひと

空と海のであう場所のKindle版

ツイートする