ぼくにもそのあいをください (絵本の時間)

  • 367人登録
  • 3.98評価
    • (68)
    • (44)
    • (60)
    • (1)
    • (3)
  • 61レビュー
著者 : 宮西達也
  • ポプラ社 (2006年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591094440

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
平田 研也
A.トルストイ
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくにもそのあいをください (絵本の時間)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この世の中で本当に大切なものは何か
    1番強いモノは何なのか

    ティラノサウルスからトリケラトプスへ
    そして、この本を読んだ人たちへと
    繋がっていけば良いなぁ…



    泣けます
    でも
    暖かいです
    とても優しい気持ちになります


    是非、タオルかティッシュを用意して
    読んで頂きたい1冊

  • 読んで泣け! 若い男性や小さな子供さんがいるおとうさんにお勧めです!

  • 力の強い者が何故存在し、力の弱い者が何故存在するのか。
    強いと言う事は本当はどう言う事なのか。
    絵本だけど、等しく平等である、と言うような綺麗ごとではない
    お話である所が泣ける。

  • ちからこそが、だいじな もの。
    つよい ことが、たいせつなんだ

    確かに力はいるよね!強いことってすごいことだよね!
    でも、その「つよい」は恐ろしいこと。その「つよい」はこわいこと。

    愛の力っていうのもあるんだよ。力の強さではなく、愛の強さ。あったかい力もあるんだね。

  • こどもたちって無邪気ですよね。
    親からの愛情って親になってから、あーあのときすごく愛されてたって実感できたんだ……ってわかるものなんですよね。

  • 終わりが悲しい。

  • 小学校生活最後の読み聞かせサプライズ

    担任の先生が読んで下さいました。

    「この世は力のあるものが勝ち」そう信じていたティラノサウルスでしたが、その力を失って…。誰もいないところへ歩いて行くと美味しそうなトリケラトプスの子どもたちがいました。食べてしまおうと思いきや、怪我した尻尾が痛み動けません。するとトリケラトプスの子どもたちが「大丈夫?」と心配して優しく尻尾をなでてくれます…。本当に大切なものは…。
    とても温かいお話です。

    先生ありがとうございました。

  • 2014.9 市立図書館

  • 図書館で借りてきた本。
    このシリーズは何作目だろう?どれも考えさせられる話です。
    これもそうだった。
    最後に「いちばんたいせつなものは」の答えを書かないでほしかったな。
    自分で考えるようにしてくれた方がよかった気がする。

  • どんなに悪いことをしてきたものも本当の愛を知れば改心し愛を与える側になれる。この作品には、そのようなメッセージが含まれているのかもしれません。

    でも本当なのかな!?

全61件中 1 - 10件を表示

ぼくにもそのあいをください (絵本の時間)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくにもそのあいをください (絵本の時間)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくにもそのあいをください (絵本の時間)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする