らくだい魔女はプリンセス (ポプラポケット文庫)

  • 165人登録
  • 4.26評価
    • (31)
    • (12)
    • (13)
    • (0)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 成田サトコ
制作 : 千野 えなが 
  • ポプラ社 (2006年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591094648

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

らくだい魔女はプリンセス (ポプラポケット文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “「ふ〜ん。ウワサどおりの、おてんばなお姫さまってわけか。それできみがナイトの青の城の王子かい?——にしても……」
    すっとあたしの髪に手がのびた。
    「……銀の城の、のろわれた金色の髪か……」
    ——えっ?”[P.70]

    色々と始まったばかりで謎を残しつつ。

    “「まって!ききたいことがあるのっ」
    あたしがそうさけぶと、
    「フウカ……まだ時ではない……またあおう……」
    キースは、けむりのようにきえてしまった。
    「キース……」”[P.176]

  • らく魔女、第一弾!!
    チトセとフウカの恋の行方は(?)

  • 面白かった!
    自分ができることを頑張り、できないところをお互いに助けあい冒険を進める協力体制が素敵でした。
    恋愛要素もあって、乙女心をくすぐります。

  • らく魔女わ本の中で一番大好き(・ω・)ノ
    恋あり冒険あり魔法あり秘密ありで色々楽しめます♥
    絵も可愛いし飽きません!

  • とてもワクワクしてきます。読む巻によってドキドキしたりします。

  • 前から絵がかわいいので気になっていたんだけれど、やっと読めた。

    潜在能力はすごいけれど、つい失敗ばかりしてしまう魔女のプリンセス、フウカの物語。

    漫画みたいなテンションで軽〜く読める。
    読む前は小学校低学年向けかと思っていたら、文字数も多くて中学年以上向けだったのは意外だった。

    オオカミの森とか危険な冒険を子供たちだけでなんなく乗り越えられているのが、ちょっと調子よすぎる気もするけれど。

    フウカ、カリン、チトセ、キース…。
    ファンタジー要素よりもラブコメ要素が楽しみ。

    シリーズの帯の人物紹介を見ていたときからキース押しだったけれど、やっぱり予想通りのキャラで好きだなあ。
    キースに人気集まりそう。

  • らくまじょシリーズはとっても面白くて、何回読んでも飽きません*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

  • らくだい魔女シリーズ第1巻☆

  • 魔女。アニメのような感覚で読み進めた。テンポがアニメ!普段読んでる児童書とはあまりにも違う。いいのかわるいのかは私にはわからないけど、まぁ楽しめた。それぞれの性格もしっかり設定されてるし。「~。」とか「っ!」が多い。。

  • テンション高い‥!

    語尾に「っ」が多用されてる文章は久しぶりでしたっ!
    幼なじみの男の子に対する自分でも気づかない恋心とか、くすぐったいなっ☆

    絵がけっこうかわいい

全19件中 1 - 10件を表示

らくだい魔女はプリンセス (ポプラポケット文庫)に関連する談話室の質問

成田サトコの作品一覧

成田サトコの作品ランキング・新刊情報

らくだい魔女はプリンセス (ポプラポケット文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

らくだい魔女はプリンセス (ポプラポケット文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

らくだい魔女はプリンセス (ポプラポケット文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

らくだい魔女はプリンセス (ポプラポケット文庫)の単行本

ツイートする