むしをたべるくさ (ふしぎいっぱい写真絵本)

  • 131人登録
  • 4.12評価
    • (19)
    • (11)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 21レビュー
  • ポプラ社 (2008年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (35ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591095003

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長谷川 義史
レミー チャーリ...
佐々木 マキ
くすのき しげの...
マージェリー カ...
なかがわ りえこ
かがくい ひろし
にしまき かやこ
中村 牧江
トミー=アンゲラ...
ユージーン トリ...
ポール・フライシ...
有効な右矢印 無効な右矢印

むしをたべるくさ (ふしぎいっぱい写真絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小学生向けのお話会に使用したばかり。
    表紙を見せてタイトルを言っただけで半端じゃない食いつきの良さ。
    『食虫植物の話?わぁ!』と目を輝かせてくれた。
    一年生らしい女の子が、小さな声で『人間も食べられちゃうの?』と聞くので
    『え?そうなの?』とみんなに返したら『食べないよ!○○は虫じゃないよ!』と
    即答してくれた子、ありがとう。

    文字も大きくて読みやすい、綺麗で鮮明な写真絵本で、約7分。
    分かりやすく、小さな子にも理解しやすい展開で、植物の形態の面白さがとてもよく伝わってくる。
    何より、こんな不思議な形をしているのは、ちゃんと理由があるんだよという食虫植物の仕組みについての解説が良い。
    虫を圧死させて溶かす場面もあり、内心では「どうかな?」という不安もあったが、最後まで興味津々で聞いてくれた。

    ジャポニカ学習帳の表紙から、昆虫の写真が消えてなくなるという時代。
    ちょっとしたチャレンジで選択したのだが、これは良かった。
    未知のもの、不思議なものへの興味は持ち続けてもらいたいものね。

    子どもの頃「ウツボカズラ」を初めて見たときの不思議な気持ちが、この本で懐かしくよみがえった。

  • 食虫植物を紹介する写真絵本です。表紙の写真もドアップで迫力満点!食虫植物が群生している写真は、正直気持ち悪いです・・・。

    食虫植物ってハエとか、蚊とか比較的小さい虫を食べるんだと思ったんですけど、トンボくらいの大きさでも捕まったら逃げられないなんてビックリ?

    次男(3歳4ヵ月)の興味を引いたらしく、その後自分でもう一回ページめくって、頷きながら(笑)読んでました。

  • なぜか食中植物ブームが…( ̄▽ ̄;)
    活躍した本です。

  • 27年度(1-2)(3-2)
    5分

  • 食虫植物についてとても興味をもちました。

  • 2015/5/19 2-4

  • 2015年5月1日

    装丁・デザイン/f-minor book design & typography, &c.

  • 読み聞かせをしました。
    虫が苦手なので、私はあまり写真をじっくり見ることができませんでしたが
    子どもたちの食いつきは非常によかったです。
    説明がすごくわかりやすくていいですね。

  • 食虫植物は他の草が生えない土の栄養の少ない所で暮らしている。それは虫から栄養を取ることが出来るから。栄養を取られた虫はカサカサになる。モウセンゴケのねばねばセクシー!トンボ早く逃げて!でも閉じる姿がかわいいから食べさせたい(笑)

  • [墨田区図書館]

    「イモムシ」がとても良かったので、
    http://booklog.jp/users/akiuwa/archives/1/4591134733
    同シリーズの本を片っ端から取り寄せたうちの一冊。

    食虫植物についてはしっかりとわかっていたのか怪しいけれど、写真のおかげもあってすんなりと理解していた様子。でもあまり身近にこういう植物はないからなぁ。ホントこのシリーズは面白い。

全21件中 1 - 10件を表示

むしをたべるくさ (ふしぎいっぱい写真絵本)に関連するまとめ

むしをたべるくさ (ふしぎいっぱい写真絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

むしをたべるくさ (ふしぎいっぱい写真絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする