ブンダバーとモモ (ブンダバーとなかまたち (1))

  • 45人登録
  • 4.36評価
    • (8)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 佐竹 美保 
  • ポプラ社 (2006年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591095133

ブンダバーとモモ (ブンダバーとなかまたち (1))の感想・レビュー・書評

  • 「ブンダバー」の新シリーズ。
    なんとモモが恋をします。
    寂しくなったブンダバーのとった行動は・・・・
    やっぱり、ブンダバー可愛い。

    ちょっと成長したブンダバー達のお話。



    作者のくぼしまりおさん、角野栄子さんの娘さんなんだそうで。初めて知りました。

  • ある人の、すごくかっこいい姿を見て、思わず走り出してしまうモモの気持ち。わかる気がします(^∇^)

  • ネコ本強化期間。
    人気のあるシリーズなので、読んでみた。

    人の言葉・ネコ語・犬語、三つの言語をあやつる、おしゃべりネコ・ブンダバーのおはなし。
    ブンダバーは女優を目指して勉強中の15歳モモが大好きなのだけれど、モモには好きな人ができて……。

    これが一冊目なのだと思ったら、違った。
    新シリーズだった……。
    でも、まぁ、内容的には読める。
    「すっころんだ」など軽い言葉遣いと、マンガのような絵が気になる。
    事実や説明が地の分に多くて、客観的な描写がないあたり、中学年むけ。
    でも、題材が高学年むけなのだと思う。
    うーん。

  • みにぴ 2011.09.25

  • 【ブンダバー・シリーズ】が全10巻で一段落。その後新しく始まった【ブンダバーとなかまたち・シリーズ】の第一巻目!前シリーズとの違いはブンダバー以外の人達に、より多くのスポットがあたるようになったこと。本作では、ブンダバーの親友、モモの初恋が描かれています。

全6件中 1 - 6件を表示

ブンダバーとモモ (ブンダバーとなかまたち (1))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブンダバーとモモ (ブンダバーとなかまたち (1))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブンダバーとモモ (ブンダバーとなかまたち (1))はこんな本です

ツイートする