ジキル博士とハイド氏 (ポプラポケット文庫)

  • 53人登録
  • 3.70評価
    • (5)
    • (6)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 百々 佑利子 
  • ポプラ社 (2006年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591095362

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
安部 公房
湊 かなえ
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
三島 由紀夫
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ジキル博士とハイド氏 (ポプラポケット文庫)の感想・レビュー・書評

  • 小学生のとき読んだ本。
    ジキル博士が弱ってハイド氏がどんどん強くなってくるスリルが面白かった^^
    あと終わり方好きー(=ワ=`)
    別訳でまた読んでみたいとも思う

  • 善悪よりも、科学と倫理について考えさせられた。
    産業革命の時、スティーブンソンは科学を恐ろしく感じてこの小説を書いたと言われている。が、私は、この小説は産業革命期よりも現代にふさわしいと思う。
    科学が進み、新兵器や原子力発電所、はては臓器移植までできるようになったこの時代。科学における倫理的問題がたくさんある今だからこそ、読むべき小説だと思う。
    作者スティーブンソンはこんな現代を見通していたのかもしれない。だとしたら予言者だ。

    ちなみに私は、これをきっかけに生命倫理について考えるようになった。思い入れの深い書である。

  • この作品と「そして誰もいなくなった」は究極のミステリーと呼べるのではないでしょうか。

  • 二重人格とか、そんな生やさしいもんじゃないです。

  •  ジキル博士の友人、アタソン弁護士はジキル博士の遺言書を預かっていたが、その遺言書を奇妙に思っていた。その遺言書にはハイド氏に遺産を残すということが書かれていた。友人のため悪い噂ばかりのハイド氏を探ろうとするが。<br>
     人間というのはやはり悪の部分も持っていると思いました。そして、誘惑に打ち勝つのもなかなか難しいことだと思います。このお話は他の人が見てもわからないくらいに姿も変わってしまうというのが意外で面白い気がします。

全6件中 1 - 6件を表示

ジキル博士とハイド氏 (ポプラポケット文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジキル博士とハイド氏 (ポプラポケット文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジキル博士とハイド氏 (ポプラポケット文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジキル博士とハイド氏 (ポプラポケット文庫)はこんな本です

ジキル博士とハイド氏 (ポプラポケット文庫)の単行本

ツイートする