Tomorrow〈stage1〉―明日、戦争が始まったら

  • 60人登録
  • 3.68評価
    • (7)
    • (9)
    • (9)
    • (2)
    • (1)
  • 10レビュー
制作 : 菅 靖彦  John Marsden  二見 千尋 
  • ポプラ社 (2006年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591095539

Tomorrow〈stage1〉―明日、戦争が始まったらの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キャンプをしている間に戦争になってしまった若者たちの話。
    たいぶ元日ばなれした話の連続でリアルはない。
    敵?もそこまで凶悪では内容に感じるが主人公と仲間たちの恋愛を間に挟み込んでいるがそんな話はいらないと感じてしまう。
    全7巻とすごく長いので気長に続編を読み進めてみようと思う。

  • わくわく感、緊張感、ドキドキ、恐怖感、がとまらない!

  • ティーン向けかしら ボチボチだったけど
    全7巻でもっとおもしろくなるそうだから
    期待を込めて 星ふたつ

  • オーストラリアの本とか初めて読みました。
    別に国籍とか性別とか誰が書いたなんて関係ないと思ってますが
    舞台が豪州で登場人物も何系の子孫だとかでしかも侵略戦争を受ける話っていったら
    おおコテコテに豪州だ、って感じでした。

    表紙にハリポタ凌ぐセールス!とか書いてあったけど
    まあそれは豪州に限った話だし‥
    語り部の女の子が、自覚してるけど(別に反省はしてない)頭の中がずっとピンク色で
    戦争とかシャレにならない事態に巻き込まれてるのにすごいなぁと思いました。

    うーん特にカッコイイ男の子もいないし
    まだ攻めてきた国の実体もなにもわからないので
    恐怖よりも得体の知れない感が強くて
    イマイチ面白くない‥

    誰か7巻までのあらすじ教えてくれないかな〜

  • オーストラリアが侵略されたという状況で、たまたまキャンプに行っていて収容されなかった高校生のグループが「がんばる」話。シリーズの1作目。全7冊刊行予定。(現在3冊)

  • すごくドキドキした。この世界に引きこまれたよ。面白かった。「平和」っていいんだね。すごく尊いものなんだね。明日なにが起きるかなんてわからないものなんだよね。日々のありがたさを感じる作品でした。

  • オーストラリアで10代に人気のあったシリーズです。
    ハリーポッターを超えたとか。
    舞台は田舎町、祭の時期に高校生男女7人が近場にキャンプに行きます。
    なんだか胸騒ぎの中家に帰ってみると、人気はなく、ペットは殺され、家は荒らされて……。
    まさかキャンプ中に誰かが言った「町の皆が一ヶ所に集まる祭の日に襲われたらひとたまりもないよね」が本当に起こってしまったなんて!
    途中連れが一人加わって、キャンプ地にいったん潜伏し、捕らわれの家族と町の人たちを救うため、行動を起こそうと決心します。

    外国物なので、主人公他何人か車が運転できますし、家に猟銃はあるし、家畜の扱いもなれたもの(家が畜産業を営んでいるのです)。
    それはいらないでしょ?と思う品物がリストアップされていても、イマドキ高校生が考えたサバイバル生活に必要なもの、と思えばリアルな感じ。
    突然非日常になったって、いやそれだからこそ?恋愛に気をとられたりもする彼ら。
    続きが楽しみです。

    イラスト / サイトウユウスケ
    ブックデザイン / 守先 正+桐畑 恭子

  • 2007年2月23日読了

  • 何かオーストラリアでは人気の作品
    シリーズ7巻もの。正直流し読みしてて覚えていなかった

全10件中 1 - 10件を表示

Tomorrow〈stage1〉―明日、戦争が始まったらに関連する談話室の質問

Tomorrow〈stage1〉―明日、戦争が始まったらを本棚に「読みたい」で登録しているひと

Tomorrow〈stage1〉―明日、戦争が始まったらを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Tomorrow〈stage1〉―明日、戦争が始まったらを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Tomorrow〈stage1〉―明日、戦争が始まったらはこんな本です

ツイートする